ミョウガ(茗荷)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ミョウガ(茗荷)の旬は

ミョウガは一年中出回っていますが旬は夏になります。
独特の香りが夏の食欲を増進させてくれます。

 

  ミョウガ(茗荷)の成分

・カリウム
・β―カロテン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・葉酸
・ミネラル

  ミョウガ(茗荷)の栄養効果

ミョウガ(冥加)には独特の香りがありますがこれは
に含まれるの栄養成分アルファピネンという成分によ
るもので循環機能を助ける働きがあり女性特有の生理
不順や更年期障害などに効果があると言われてます。

その他にもミョウガ(茗荷)には

● 発汗作用を助ける
● 抗酸化作用
● 高血圧予防
● 貧血予防
● 皮膚や粘膜を健康に保つ

などの効能が期待されています。

 

  ミョウガ(茗荷)の選び方

ミョウガを選ぶ際は花が咲く前に収穫したものでつやや
かでふっくらとした物を選びます。

 

  ミョウガ(茗荷)の保存方法

ミョウガの保存方法は乾燥すると葉がぱさぱさになって
しまいますのでジップ袋などに袋などに入れ野菜室で保
存します。
香りが命ですのでぬけないうちに早めに食べきりましょう。

 

スポンサードリンク



 

  ミョウガ(茗荷)を使った簡単レシピ

ミョウガ入り冷やしそうめん

材料(2人分)
そうめん        2把
ミョウガ        3個
炒りごま        大匙1
大葉          6枚
そうめんつゆ      適宜

作り方
 1 
そうめんは規定通りゆでて水にとり揉み洗いしてざ
にとります。

 2 
ミョウガと大葉は細い千切りにします。

 3 
そうめんを器に盛り、ごまをかけミョウガと大葉を
のせ麺つゆでいただきます。

みょうがとりゅうきゅうの味噌汁

材料(2人分)
みょうが       2本
りゅうきゅう     5㎝
水          400㏄
味噌         大匙1~1.5
和風だしの素     小匙1
万能ねぎ       1本

作り方
 1 
ミョウガは洗って縦に薄く切ります。

 2 
りゅうきゅう(他の野菜でも)は皮を剥き斜め切りに
万能ねぎは小口切りにします。

 3 
小鍋に和風だしの素と水を入れ火にかけます。

 4 
沸いたらミョウガとりゅうきゅうを入れ火が通ったら
味噌を解き入れます。

 5 
お椀に盛り番のねぎを散らします。

ミョウガ入りシラス丼

材料(2人分)
釜揚げシラス   50g
ごはん      2杯分
万能ネギ     1本
レモン      適宜
大葉       2枚
ミョウガ     2本
わさび      適宜
醤油       適宜

作り方
 1 
シラスは釜揚げにします。

 2 
ミョウガは細切り、レモンは輪切りをさらに半分に切
り、万能ねぎは細かく刻みます。

 3 
丼に暖かいご飯を入れシラス、大葉、レモンミョウガ
をのせます。

 4 
わさび醤油でいただきます。

 

スポンサードリンク



 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干しシイタケの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは!
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」の一つですが、どんな効能や効果があるのでしょうか?グァバ茶はふともも科バンジロウ属の亜熱帯性植物で葉と果実が加工され健康茶として飲まれています。  グァバ茶の栄養成分・タ
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

タイトルとURLをコピーしました