芹の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

  芹の旬は

芹は春の七草のひとつで冬から春にかけてが旬です。

 

  芹の主な有効成分

・β-カロテン
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビタミンB群
・葉酸
・ナイアシン
・パントテン酸
・ミネラル
・食物繊維

 

  芹の効果・効能

芹に使われる芹は田んぼのあぜ道や水辺などの湿地帯に
自生するセリ科の多年草です。
春の七草の一つとして広く知られ独特の香りが好まれま
す。
芹にはβ―カロテンとビタミンCga含まれてお抗酸化
作用があるためアンチエイジング効果や美肌効果、生活
習慣病予防などが期待されます。
また芹の香り成分オイゲノ―ルには鎮静効果があるとい
われています。

その他にも芹には

● 便秘予防
● 血糖値降下作用
● 風邪予防
● 解毒作用
● 肝機能を丈夫にする
● 食欲増進
● 高血圧予防
● 神経痛緩和
● 黄疸改善
● 利尿効果
● 血液凝固防止
● 骨の生成
● 貧血予防
● リューマチ緩和

などの効能があるとされています。

 

  芹の選び方

芹を選ぶときは持った時、しゃきっとしているもの、
緑がきれいで変色のない瑞々しいものを選びましょう。

 

  芹の保存方法

芹の保存方法は葉が枯れないように湿らせた新聞紙な
どに包んでポリ袋に入れ野菜室で保存しましょう。

 

スポンサードリンク



 

  芹の注意点

芹とよくにた植物にドクゼリがあります。
ドクゼリは芹より葉の幅が狭く地下茎にタケノコのような節
があるのが特徴です。
あまり見かけることはないのですが採取の際には気を付け
ましょう。

 

  芹を使った簡単レシピ

 

芹茶の収穫

 1 
3月から4月頃全草を採取します。

 2 
きれいに洗って天日で乾燥させます

 3 
乾燥したら細かく刻み清潔な瓶などで保存します。

 

芹茶の入れ方

 1 
急須に乾燥した芹茶葉ひとつかみを入れお湯を
そそぎます。

 2 
5分くらい蒸らしてからいただきます。

 

芹入り粥

材料(2人分)
芹      5~6本
ごはん    お茶碗1杯
塩      適宜
水 お米の4倍くらい

作り方
 1 
芹は小鍋にお湯を沸かし塩を少々入れサッとゆで
水に取り絞って刻みます。

 2 
土鍋に水と米を入れ火にかけます。
沸騰したら火を弱め好みの柔らかさになったら塩と
絞った芹を入れ軽く混ぜて出来上がりです。

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「昆布茶」の効果・効能
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみが深く和風料理には欠かせない食材です。昆布茶 は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く健康茶として昔から飲まれてきました。  昆布茶の主な栄養素・海藻ミネラル・アルギン酸・ヨウ素・カルシウム・カリ
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました