スイカの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

 

スイカ(西瓜)とは

スイカは、熱帯アフリカを原産とするウリ科のつる性になる果実です。
夏に大きな円形の果実をつけ甘みがあり夏の風物詩でもあります。
水分が多くカリウムが豊富で、切り分けて生食されるほか、ジェラートなどにも利用されます。

 

西瓜の旬は

西瓜の旬は夏です。
汗で水分が失われがちな真夏に冷やしたスイカはぴったりの野菜です。

 

スイカの栄養成分

・β-カロテン
・シトルリン
・リコピン
・ミネラル

 

西瓜の効果・効能

スイカはほとんどが水分で一見栄養価が少ないように見えますが実は非常に優秀な果物なんです。

スイカに含まれるβ-カロテンには強い抗酸化作用があります。
またリコピンには抗酸化作用の他、血行を促進し乾燥肌の改善や抜け毛予防などアンチエイジング効果が期待されます。

 

その他にもスイカには

● むくみを予防
● 抜け毛予防
● 乾燥肌改善
● 冷え性改善
● 美肌効果
● 疲労回復効果
● 動脈硬化予防
● デトックス効果
● 利尿作用

などの効能が期待されています。

 

スイカの選び方

西瓜を選ぶ際は蔓の切り口が新鮮なもの、加えてつるの付け根がややくぼみ気味のものを選びましょう。

 

スイカの保存方法

スイカの保存方法は丸のままのものは冷蔵庫に入れず涼しい場所で保存します。

カットしたらラップに包み野菜室に保管しますが傷みが早いので早めに食べ切りましょう。

 

スポンサードリンク




 

西瓜を使ったレシピ

 

スイカスムージー

材料(2人分)
スイカ   200g
氷      5~6個
塩      適宜

作り方
 1 
スイカは種を取り細かく切ります。

 2 
ミキサーに材料全てを入れまわします。

 3 
グラスに盛りスイカの飾りつけをして出来上がりです。

 

スイカ入りフルーツポンチ

材料(2人分)
イチゴ     10個
キウイ     1個
オレンジ    1/2コ
サイダー    350cc

作り方
 1 
キウイは皮をむきオレンジは皮と袋を取り除きます。

 2 
フルーツを適当な大きさにカットします。

 3 
器にフルーツを彩りよく入れサイダーをそそぎます。

 

スイカシャーベット

材料(2人分)
スイカ     300g
ガムシロップ  大匙1杯分

作り方
 1 
スイカをスライスして種を取り除きます。

 2 
蓋ができるジップロックなどにスイカとガムシロップを入れ上から揉んで潰します。

 3 
タッパーなどに入れ冷凍庫で凍らせます。

 

スポンサードリンク




 

 


こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
ジンジャーはショウガ科の多年草であり、様々な料理の 香辛料や薬味としてまた生薬として利用されています。 日本では高知県の生姜が有名で全国に発送されています。
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージとはセージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています
干ししめじの作り方ともどし方
秋の味覚しめじは美味しくて安価で主婦の味方のキノコですが 冷蔵庫に入れておいてもカビが発生したり保存が難しいので 大量にあるときは天日干しにしましょう。 太陽の恵みをたっぷり受けたしめじはビタミンDも豊富になり ます。
健康茶「あずき茶」の効能と効果
あずき茶に利用する、あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られており日本人にはとてもなじみの深いものです。 あずき茶は、このあずきを煎って煮だして飲むものです。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
洋ナシ(西洋梨)は、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の 植物で果実が食用になります。 日本のなしに比べて洋ナシはひょうたんのような形をしており シャリシャリ感はなく芳醇な甘さがあります。 生食されるほか、洋菓子などに加工されます。 品種はたくさんありますが日本で食べられているのは ラ・フランスが主流です。
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
アミは、アミ目の甲殻類の総称で、沿岸の浅い海に生息し、 日本では主に三陸沖や霞ヶ浦などで捕獲されます。 佃煮や煮干し、塩辛などに加工されます。 干しアミは味がよく出てキムチやお好み焼きなどにも使われ ます。
タイトルとURLをコピーしました