まいたけ(舞茸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

秋野菜

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  まいたけ(舞茸)の旬は

舞茸の旬は秋です。秋は様々なキノコが楽しめる季節
です。

 

  まいたけ(舞茸)に含まれるの栄養成分

・β―グルカン
・ナイアシン
・エルゴステロール
・カリウム
・ビタミン類
・食物繊維

 

  まいたけ(舞茸)の栄養効果

まいたけにはβ―グルカンが含まれているため腸内環
境を整えるほか、免疫力を高める効果があります。
またまいたけは栄養価が高いのに低カロリーなのでダ
イエットにも役立ちます。

その他にもまいたけ(舞茸)には

● ダイエット効果
● 便秘解消
● 美肌効果
● 骨を丈夫に保つ
● 皮膚の健康維持
● 生活習慣病予防
● 骨粗しょう症予防

などの効能が期待されています。

 

  まいたけ(舞茸)の選び方

まいたけを選ぶさいはひだに厚みのあるもの、つややか
できれいなものを選びます。

  まいたけ(舞茸)の保存方法

まいたけは乾燥しないように買ってきたときの袋のまま
またはポリビニールなどに入れ野菜室で保存します。

 

スポンサードリンク




 

  まいたけ(舞茸)を使った簡単レシピ

舞茸ごはん

材料(2人分)
まいたけ       1パック
米          2合
醤油         大匙1
酒          大匙2
顆粒和風だしの素   小匙2
塩          ひとつまみ

作り方
 1 
米は洗ってざるにあげ30分以上置きます。

 2 
舞茸は食べやすい大きさにカットします。

 3 
炊飯器に米と分量の水、舞茸、調味料を入れ炊き
上げます。

舞茸の天婦羅

材料(2人分)
まいたけ   1パック
揚げ衣
・小麦粉       カップ1/2
・冷水        カップ1/2
・卵小        1個
油          適宜

作り方
 1 
衣はざっくり合わせます。

 2 
舞茸は食べやすい大きさにカットし全体に小麦粉
を薄くまぶします。

 3 
揚げ油を170度くらいに熱し衣をくぐらせた舞茸を
カラッと揚げていきます。

 4 
器に盛り塩を添えます。

舞茸と鶏肉のクリーム煮

材料(2人分)
まいたけ        1パック
鶏肉          1枚
小麦粉         少々
塩胡椒         適宜
豆乳          200㏄
粒マスタード      大匙1
コンソメ顆粒      小匙1
オリーブオイル     大匙1

作り方
 1 
鶏肉は一口大に切り塩胡椒し小麦粉を薄くまぶして
おきます。

 2 
舞茸はほど良い大きさにカットします。

 3 
フライパンにオリーブオイルを熱し鶏肉を焦げ目が
着くまで両面焼きます。

 4 
舞茸を入れさらに炒めてから豆乳、コンソメ、粒マ
スタードを入れてとろみがつくまで煮詰めます。

 


 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって失われてしまいます。そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干し
健康茶「ハブ茶の効果・効能」 | 健康習慣
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。 ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと 混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました