ミントの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ミントの旬は

ミントはシソの仲間です。ミントの旬は、初夏から秋に
かけてになります。

 

  ミントの主な有効成分

・ミントポリフェノール
・メントール
・メントン
・ルテオリン
・タンニン
・カロチノイド
・ロスマリン酸
・酢酸メチル

 

  ミントの効果・効能

ミントに含まれるメントールには内蔵機能を高めることで血
行を促進し基礎代謝を高める働きがあるため冷え性改善に効
果が期待的です。
ミントに含まれるミントポリフェノールにはアレルギー症状
を抑制する働きがあるため花粉症の予防や改善にも役立ちま
す。
また消化器の健康を保つ働きがあり、独特の清涼感には口内
をさっぱりさせる効果があるため口臭予防に役立ちます。

その他にもミントには

● 美肌効果
● 軽度の鬱症状緩和
● 便秘解消
● 利尿作用
● 健胃作用
● 抗菌作用
● 鎮痛作用
● 胸やけ解消
● 吐き気緩和
● 胃もたれ防止
● デトックス効果
● 腸内ガス抜き作用
● 鎮静作用
● 消化促進
● 免疫力アップ
● 抗酸化作用
● 整腸作用
● リラックス効果
● 冷え性対策

などの効能が期待されています。

 

  ミントの選び方

ミントは緑の色がきれいなものつややかなものを
選びましょう。

 

  ミントの保存方法

ミントを保存する際は湿らせたキッチンペーパーで
葉はを挟みジップ袋などに入れて保存します。
量が多い、またはすぐに使わないときは乾燥させる
保存するのがおすすめです。

 

スポンサードリンク




 

  ミントを使った簡単レシピ

ミントとキウイのスムージー

材料(2人分)
ミント 5枚
キウイ       1個
バナナ       1本
豆乳        200㏄

作り方
 1 
キウイとバナナは皮を剥き適当な大きさにカットしま
す。

 2 
全ての材料をミキサーに入れ攪拌させます。

ミントティー

材料
ミント茶葉
ティスプーン1

淹れ方
 1 
ポットにミントティーの茶葉をティースプーン1入
れ熱湯を注ぎます。

 2 
蓋をしたまま3分から5分蒸らしてからいただきます。

ミント添え苺アイス

材料(2人分)
ミント       適宜
イチゴ 1パック
生クリーム 200cc
豆乳        100㏄
砂糖 70g

作り方
 1 
苺はヘタを取り洗って半分に切り飾り用に2つ残して
つぶします。

 2 
ボールにイチゴと生クリーム、豆乳、砂糖を入れブレ
ンダーで混ぜ合わせます。

 3 
タッパーに入れ冷蔵庫で凍らせます。

 4 
アイスクリームディッシャーですくったアイスを器に盛
残しておいたイチゴとミントを添えます。

  ミントの育て方

室内で簡単に育ちます。苗を見かけたら育てておくと
便利です。

植え方
鉢にハーブ用の培養土を半分くらい入れ苗を置いて周
りに土を入れていきます。

みずやり
植えた後はたっぷりみずやりします
その後は土が乾いたらたっぷりあげます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「碁石茶」の効果・効能 | 健康習慣
沸騰ワード10などメディアでも何回か取り上げられた 話題の高知名産の発酵茶「碁石茶」。 碁石茶は高知県の大豊町の山地で江戸時代から伝わる 秘伝のお茶です。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子にはDHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは体内で作ることができません。DHAやEPAには抗アレルギー作用や血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防などの効果がも期待されます。また肥満の予防にも役立ちます。

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました