ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

継年野菜

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ブロッコリースプラウトの旬は

ブロッコリーのスプラウトはブロッコリーの若芽です。
1年中栽培が可能です。

 

  ブロッコリースプラウトに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンK
・ビタミンC
・スルフォラファン
・カルシウム
・カリウム
・食物繊維
・葉酸

 

  ブロッコリースプラウトの栄養効果

ブロッコリースプラウトの特徴はブロッコリーと比べ
てスルフォラファンという物質が豊富に含まれている
ところで、その含有量の5倍以上ともいわれています。
スルフォラファンには活性酸素を除去する働きのある
抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や、生活習
慣病予防などの効果が期待されます。
またスルフォラファンには花粉症などにも効果がある
と言われています。

その他にもブロッコリースプラウトには

● 抗アレルギー―作用
● 腸内環境を整える
● デトックス効果
● 便秘解消
● 解毒作用
● むくみ解消
● 二日酔い予防
● 老化予防

などの効能が期待されています。

 

  ブロッコリースプラウトの選び方

ブロッコリースプラウトを選ぶときは緑が濃くきれ
いなものを選びます。

 

  ブロッコリースプラウトの保存方法

ブロッコリースプラウトの保存はスーパーなどに陳
列してある袋ならそのまま立った形で野菜室で保存
します。そのままのものはポリラップなどに包んで
野菜室に入れます。

 

スポンサードリンク




 

  ブロッコリースプラウトを使った簡単レシピ

ブロッコリースプラウト納豆ご飯

材料(2人分)
ブロッコリースプラウト   適宜
ごはん           2膳分
納豆            2パック

作り方
 1 
納豆を調味液と一緒に混ぜ合わせます。

 2 
ブロッコリースプラウトを混ぜ合わせごはんにのせます。

 

ブロッコリースプラウトとプチトマトのスープ

材料(2人分)
ブロッコリースプラウト  1パック
コンソメ顆粒       小匙2
ミニトマト        6~8個
水              400cc

作り方
 1 
鍋に水とコンソメ顆粒を入れ火にかけます。

 2 
トマトは洗ってヘタを取り半分にカットします。

 3 
沸いたら火を弱め、トマトとカイワレを入れ一煮たち
したら火を止め塩胡椒で味を調え器に盛りつけます。

 

ブロッコリーとスプラウトのフレンチサラダ

材料(2人分)
ブロッコリー       1個
ブロッコリースプラウト  1パック
トマト          2個
黄ピーマン        1個

フレンチドレッシング
・酢 30㏄
・サラダ油        60㏄
・塩           小匙1/2
・黒コショウ       適宜
・ニンニクの絞り汁

作り方
 1 
黄ピーマンは千切りにしブロッコリーは房に分けてレ
ンジで柔らかくします。

 2 
トマトは好みの形にカットしブロッコリースプラウト
は洗って根元をカットします。

 3 
ドレッシングの材料を合わせておきます。

 4 
器に盛り付けドレッシングをかけます。

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました