いんげんの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  いんげんの旬は

いんげんは一年中店頭で観られますが旬は夏です。

 

  いんげんの主な栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・食物繊維
・アスパラギン酸
・リジン
・アミノ酸

 

  いんげんの効果・効能

いんげんまめにはビタミンB群が豊富に含まれている
ため疲労回復効果があります。旬が夏の野菜ですの
でたくさん食べて疲労回復に努めましょう。
その他にもいんげんには

● 疲労回復
● 生活習慣病予防
● 便秘解消
● 記憶力向上
● 眼精疲労緩和
● 風邪予防
● メタボリックシンドローム予防

などの効能が期待されています。

 

  いんげんの選び方

緑がきれいで艶があるもの、切り口がきれいなも
のを選びます。

 

  いんげんの保存法

保存方法は乾燥しやすすくすぐにしなびてしまう
ためジップ袋などに入れ野菜室に保存します。
暫く食べないときはゆでてから冷凍保存しましょ
う。

 

スポンサードリンク




 

  いんげんの簡単なレシピ

いんげん豆の肉巻き

材 料(2人分)
いんげん      10本
豚バラ肉薄切り   10枚
塩         適宜
小麦粉       大匙1

調味料
・砂糖       大匙1
・みりん      大匙1
・醤油       大匙1

作り方
 1 
いんげんは両橋を切り落とし半分に切り塩ゆでし
ます。

 2 
調味料は混ぜ合わせておきます。

 3 
何本かまとめてバラ肉を巻き付けていき軽く小麦粉を
まぶします。

 4 
フライパンに油を惹いて③を入れ両面にこんがりと焼
き色がついたら調味料を回しいれからめます。

 

いんげんのゴマ和え

材料(2人分)
さや付きいんげん     10本
ゴマ           大2
醤油           大1
砂糖           小2

作り方
 1 
鍋にお湯を沸かして塩をひとつまみ入れいんげん豆を好
みの固さ茹で水に放してから4~5㎝に切ります。

 2 
ゴマをすり鉢で香りが出るまで摺ります。

 3 
ボールにゴマと調味料を入れ混ぜさらにいんげん豆を入
れて混ぜ合わせます。

 

タコといんげんのにんにく炒め

材料(2人分)
いんげん       10本
茹でタコ       100g
にんにく       1片
オリーブオイル    大匙2
塩胡椒        適宜

作り方
 1 
いんげんはすじを取り固めにゆでてから4~5㎝に切
ります。

 2 
ニンニクはスライスし、茹でタコは適当な大きさに
切ります。

 3 
フライパンにオリーブオイルを入れニンニクのスラ
イスを入れて弱火で香りをうつします。

 4 
いんげんとタコを入れ炒めて塩コショウします。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干しシイタケの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは!
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」の一つですが、どんな効能や効果があるのでしょうか?グァバ茶はふともも科バンジロウ属の亜熱帯性植物で葉と果実が加工され健康茶として飲まれています。  グァバ茶の栄養成分・タ
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました