うどの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  うどの旬は

うどの旬は春先から初夏ですが冬に寒うどがでまわり
ます。
独特の香りがあり和え物や天婦羅など旬の山菜と
して好まれています。

 

  うどの主な有効成分

・サポニン
・タンニン
・アスパラギン酸
・アミノ酸
・ゲルマニウム
・ピネン
・セリネン
・フムレン
・ムルセン
・リモネン
・クロロゲン酸
・ジテルペンアルデヒド

 

  うどの効果・効能

ウドに含まれるアスパラギン酸には新陳代謝を促す
効果があり疲労回復効果が期待できます。
ウドに含まれるロロゲン酸には抗酸化作用があるため
日焼けなどによるメラミンを抑制する効果があると
言われています。
ウド茶に含まれるアスパラギン酸には抵抗力を保ち
体内の有害物質を排出する効果があると言われています。

他にもうどには

● 食欲増進効果
● 頭痛改善
● 神経痛改善
● めまい予防
● 解熱作用
● 健胃作用
● 整腸作用
● 解熱作用
● 便秘予防
● 風邪予防
● 食欲増進

などの効能があると言われています。

 

  うどの選び方

うどは茎がじょうぶで産毛があり葉がシャキッと
真っすぐ立っているものが新鮮です。

  うどの保存方法

保存方法は湿らせた新聞紙に包んで野菜室で保存し
ます。

スポンサードリンク



 

  うどを使ったレシピ

うどのきんぴらの作り方

材料
ウド  1本
砂糖  大匙1
味醂  大匙1
醤油  大匙1
鷹の爪 1/2本

作り方
 1 
うどは短冊切りにして酢水にさらしあくを抜く。

 2 
フライパンに油を熱し鷹の爪の輪切りを入れ油に香り
をうつすように炒める。

 3 
②のフライパンに水けをきったうどを入れ炒める。

 4 
砂糖、味醂、醤油で味付けし水分がほとんどなくな
るまで煎り付ける。

 

うどの天婦羅

材料(2人分)
うど 1本
天ぷら粉 適宜
レモン      1/2
塩        適宜

作り方
 1 
うどは皮を剥いて長さ4㎝にカットし根元の太い
部分は輪切りにします。

 2 
天ぷら粉にくぐらせて180度の油で揚げます。

 3 
器に盛り付けレモンのくし切りと塩を添えます。

 

うどの酢味噌

材料(2人分)
うど      1本
酢       適宜
酢味噌
・味噌   大匙1
・酢      大匙1
・砂糖     小匙1

作り方
 1 
うどは皮をはぎ斜めにカットします。

 2 
酢水を作ってうどをさらしアクをぬきます。

 3 
酢味噌の材料を混ぜ合わせ水分をふき取ったうどと和
えます。

 

 

スポンサードリンク



 

 

 


こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干ししめじの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「あずき茶」の効能と効果
ポリフェノールがいっぱいの女性に嬉しい健康茶あずき茶の効能・効果について調べてみました。あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られており日本人にはとてもなじみの深いものです。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました