アスパラガス効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

  アスパラガスの旬

アスパラガスの旬は、春から初夏にかけてです。
初夏に出回るものは主に北海道産のものです。
日に当てず土の中で育てると白いアスパラガスになり
ます。
白いアスパラガスはきれいですが栄養的にはグリーン
のほうが高くなります。

 

  アスパラガスの成分

・アスパラギン酸
・食物繊維
・オリゴ糖
・ビタミンE
・ビタミンC
・ルチン

 

  アスパラガスの栄養・効能

アスパラガスには抗酸化作用の高いビタミンCとビタ
ミンEが含まれています。
ビタミンEは血行促進効果があり紫外線や老化などに
よって酸化した細胞を若返らせるための新陳代謝を高
める働きがあり「若返りのビタミン」とも呼ばれてい
ます。

またビタミンCには紫外などの影響によって増えるメ
ラミンの生成を抑える働きがあるためシミやそばかす
など肌トラブルの防止に役立ちます。

その他にもアスパラガスには

●美肌効果
●血流改善
●疲労回復効果
●便秘改善効果
毛細血管を丈夫にする

などの効能が期待されています。

 

  アスパラガスの選び方

しっかりと茎が太めで穂先が開いていないものを選
びましょう。

 

  アスパラガスの保存方法

アスパラガスは冷蔵庫ではなくコップなどの容器に
水を張り花を生けるように立てて保存します。
すぐに使用しないときはゆでてからジップ袋に入れ
冷凍保存しましょう。

 

スポンサードリンク




 

  アスパラガスを丸ごと使った簡単レシピ

焼きアスパラガス

材料(2人分)
アスパラガス     1束
オリーブオイル    適宜
あら塩        適宜

作り方
 1 
アスパラガスは洗って元の固い部分はピーラーで
皮を剥きます。

 2 
フライパンに油を薄くひき水分をとったアスパラ
ガスを並べてこんがり焼き目をつけ中まで火を通
します。

 3 
お皿に盛り付け好みでオリーブオイル、粗塩をか
けていただきます。

シンプルですがアスパラガスを丸ごとおいしく
いただくにはこれが一番です。

アスパラガスの胡麻マヨネーズ和え

材料(2人分)
アスパラガス  1束
マヨネーズ   大2
黒ゴマ     大1

作り方
 1 
アスパラガスの固い部分は皮をむき4~5㎝の長さに
切ります。

 2 
沸騰したお湯に塩ひとつかみ5分ほどゆでます。

 3 
ゴマをすり鉢ですりマヨネーズと混ぜ合わせてから
アスパラガスを入れ合えます。

 

アスパラガスの豚バラ巻き

材料(2人分)
豚バラ薄切り肉  10枚(150g)
アスパラガス   10本
しょうゆ     大さじ2
砂糖       大さじ2
みりん      大さじ2
酒        大さじ1

作り方
 1 
アスパラガスの固い部分は皮をむき半分に切ります。

 2 
アスパラガス2個(一本分)を重ね開いた豚バラ肉で巻き
付けていきます。

 3 
フライパンにサラダ油を熱し両面を焼いていく。

 4 
焼き色が付いたら調味料を合わせて回しかけ煮詰めながら
焼いていきます。

 

スポンサードリンク




 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干ししめじの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「あずき茶」の効能と効果
ポリフェノールがいっぱいの女性に嬉しい健康茶あずき茶の効能・効果について調べてみました。あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られており日本人にはとてもなじみの深いものです。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました