玉ねぎの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  玉ねぎの旬は

玉ねぎはいろいろな品種がありほぼ一年中出回ります
が新玉ねぎの旬は春です。
苦みが少なくサラダなどにも向いています。

 

  玉ねぎの栄養成分

・オリゴ糖
・フラボノイド
・ケルセチン
・ビタミンB
・ビタミンC
・ミネラル
・葉酸

 

  玉ねぎの効果・効能

には抗酸化作用のあるポリフェノールの一種ケルセチ
ンが豊富に含まれており、老化の原因となる活性酸素
を除去する効果が期待されます。
またケルセチンには悪玉コレテロールを減らす働きも
あり合わせてビタミンCの効果で肌トラブルの解消に
も役立ちます。

その他にも玉ねぎには

● 気管支ぜんそく緩和
● 骨粗鬆症緩和
● 解毒作用
● 肝機能強化
● 視力強化
● 抗炎症作用
● 殺菌作用
● 整腸作用
● 抗ウイルス
● 抗ストレス
● 免疫機能UP
● 血流改善
● 動脈硬化予防
● 関節痛緩和

などの効能が期待されています。

 

  たまねぎの選び方

たまねぎは中心部が痛みやしので切り口のきれいな
もの、固くずっしりしたものを選びます。

 

  たまねぎの保存方法

湿気に弱いので網などに入れて風通しの良いところに
吊るして保管しましょう。

 

スポンサードリンク




 

  玉ねぎを丸ごと使う簡単レシピ

納豆入り新玉ねぎのポン酢和え

材料(2人分)
新玉ねぎ   2コ
きゅうり   1本
トマト    1コ
納豆     1パック
卵の黄身   2コ
ポン酢    適宜

作り方
 1 
新玉ねぎは薄くスライスして水にさらします。

 2 
きゅうりは乱切りに、トマトは半分に切ってスライ
スします。

 3 
絞った玉葱とトマトときゅうりを皿にもり納豆と卵の
黄身をのせます。

 4 
ポン酢をかけ混ぜながらいただきます。

 

玉葱ドレッシング

材料
玉ねぎ          小1コ
ニンニクの絞り汁     小2
塩大さじ         1/2
砂糖         大匙1
醤油         大匙1
酢         大匙4
サラダ油        大匙4
乾燥パセリ        適宜

作り方
 1 
玉ねぎは皮をむいて適当な大きさに切る。

 2 
玉ねぎと調味料をすべて入れミキサーで攪拌します。

 3 
清潔な瓶などに入れ冷蔵庫で保存します。

 

丸ごと新玉ねぎ入りスープ

材料(2人分)
新玉ねぎ   小4コ
コンソメ   2個
ミンチ    100g
ケチャップ  大2
バター    大1

作り方
 1 
玉ねぎは皮をむき安定するように上と下を切り落と
します。

 2 
鍋に玉ねぎを並べ水をひたひたに入れコンソメトミ
ンチも加えてて火にかけます。

 3 
玉ねぎが透き通り芯まで柔らかくなるまで煮ます。

 4 
フライパンに煮汁をおたま2杯とバター、ケチャッ
プを入れ火にかけとろみがつくまで煮詰めます。

 5 
皿に玉ねぎを並べ④をかけていただきます。

 

スポンサードリンク




 

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。
タイトルとURLをコピーしました