ローズマリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ローズマリーの旬は

ローズマリーはシソ科の常緑低木です。多年草のため
1年中手に入りますが旬は初夏から秋にかけてになり
ます。

 

  ローズマリーの主な有効成分

・ロスマリン酸
・カルノシン酸
・カルノソール
・フラボノイド
・フェノール酸
・精油

 

  ローズマリーの効果・効能

ローマや古代ギリシャでは「若返りの薬」として珍重さ
れてきたローズマリー。その刺激的な香り成分、ロズマ
リン酸には抗菌作用や抗ウイルス作用があり花粉症など
のアレルギー緩和に役立つほか、強い抗酸化作用があり
アンチエイジング効果、生活習慣病予防などの効果が期
待されます。

他にもローズマリーティーには

● 記憶力を高める
● 強壮作用
● 血液循環促進作用
● 消化促進作用
● 抗酸化作用
● 発汗作用
● 収れん作用
● 血行促進作
● 殺菌作用
● 疲労回復

などの効能があると言われています。

 

  ローズマリーの選び方

ローズマリーを選ぶときは緑のきれいなもので
香りのよいものを選びましょう。

 

  ローズマリーの保存方法

ローズマリーは乾燥するとパラパラと葉が落ちてし
まします。
何日かの保存する場合はコップなどに水を張り入れ
ておきましょう。

 

スポンサードリンク




 

  ローズマリーを使った簡単レシピ

チキンのローズマリーソテー

材料(2人分)
鶏もも肉          2枚
ローズマリー        1本
ニンニク          2カケ
塩             適宜
粗びき胡椒         適宜
レモン           1/2個

作り方
 1 
鶏もも肉の両面に塩と粗びき胡椒を振ります。

 2 
ニンニクは薄くスライスし、レモンはくしに切りま
す。

 3 
フライパンに油を敷きニンニクを入れ油に香りを移
してから取り出しておきます。

 4 
鶏もも肉を皮目から入れローズマリーと一緒に焼き
ます。

 5 
焦げ目がついたらひっくり返し両面焼いてから蓋を
して中まで火を通します。

 6 
蓋を開け余分な水分をペーパーでふき取り焼き上げ
ます。

 7 
さらに肉を盛り付けニンニクをのせレモンを添えま
す。

 

ローズマリーポテト

材料(2人分)
ローズマリー     小匙1
じゃが芋       4個
オリーブオイル    大匙1
塩          少々

作り方
 1 
ローズマリーは葉を刻みます。

 2 
じゃが芋は綺麗に洗ってくしに切り電子レンジで火
を通します。

 3 
フライパンにオリーブオイルを熱しジャガイモを入
れ焼き目をつけたら塩とローズマリーを入れ炒め合
わせます。

 

ローズマリーウィンナー

材料(2人分)
ローズマリー     小匙1
ウィンナー      4個
サラダ油       大匙1
塩、粗びき胡椒    適宜

作り方
 1 
ローズマリーは葉を刻みます。

 2 
フライパンに油を熱し塩、胡椒したウィンナーとロ
ーズマリーを入れこんがり焼き上げます

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました