蕨(わらび)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  蕨(わらび)の旬は

蕨(わらび)は春を代表する山菜で旬は初春から
初夏にかけてです。

 

  蕨(わらび)に含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンE
・ビタミンK
・葉酸
・食物繊維
・カルシウム
・ビタミンB2
・カリウム

 

  蕨(わらび)の栄養効果

蕨(わらび)には活性酸素を抑える抗酸化作用のある
ビタミンEが含まれているためアンチエイジング効果
や生活習慣病予防に役立ちます。

その他にも蕨(わらび)には

● 骨粗しょう症予防
● 老化予防
● 便秘解消
● ダイエット効果
● 二日酔い予防
● 貧血予防

などの効能が期待されています。

 

  蕨(わらび)の選び方

蕨(わらび)を選ぶ際は茎が緑色のもの、産毛の
あるもの、切り口の瑞々しいものを選びましょう。

 

  蕨(わらび)の保存方法

蕨(わらび)はそのままでは保存が効かないためすぐ
にアクを抜いてから保存する乾燥させましょう。

 

スポンサードリンク



 

  わらび蕨(わらび)のあく抜きの仕方

※わらびには毒性のある成分が含まれています。
必ずあく抜きをしてから調理しましょう。

 1 
蕨は洗っていくつかの束にしばります。

 2 
鍋にお湯を沸かし重曹を解き入れてから蕨を浸します。

 3 
そのまま一晩寝かせます。

 4 
蕨を取り出し洗ってざるにあげます。

蕨(わらび)を使った簡単レシピ

 

わらびの和え物

材料(2人分)
わらび       2束
鰹節        適宜
醤油        適宜

作り方
 1 
アクを抜いたわらびを5㎝長さにカットします。

 2 
醤油と鰹節、またはポン酢などでいただきます。

わらびの佃煮

材料(2人分)
アクを抜いたわらび  250g
キャラブキ      250g
油揚げ        1枚
ごま油         大匙2
砂糖         大匙2
みりん        大匙2
醤油         大匙4

作り方
 1 
わらびとキャラブキは5センチにカットします。油揚
げは熱湯をさっとかけ千切りにします。

 2 
フライパンにごま油を熱し蕨、キャラブキ、油あげを
サッと炒めます。

 3 
調味料を入れ焦がさないように水分がほとんどなくな
る煮詰めます。

簡単わらびおこわご飯

材料(2人分)
もち米           2カップ
あく抜きわらび
味醂            大匙1
醤油            大匙1
和風だしの素        小匙1
水             50㏄

作り方
 1 
もち米は洗って4~5時間おき炊飯器で普通に炊きます。

 2 
蕨は3センチ位にカットします。

 3 
小鍋にわらびと調味料を入れて煮含めます。

 4 
ごはんと水分を切った蕨を混ぜ合わせます。

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました