パプリカの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

  パプリカの旬は

パプリカはハウス栽培で年中手に入りますが初夏から
夏にかけてが旬です。
ピーマンと比べて甘みがあり夏のパプリカは味も良く
栄養価の高いのが特徴です。

 

  パプリカの栄養成分

・カロテノイド
・ビタミンE
・ビタミンC

パプリカの効果・効能

パプリカは一般的な緑のピーマンを熟成させたもので黄
色と赤があります。緑のよりも甘みがあり彩もきれいな
ため人気があります。
パプリカは抗酸化作用の高い「若返りのビタミン」とも
いわれるビタミンEが豊富で老化防止の効果が期待され
ます。合わせてビタミンCも豊富なためシミそばかすな
どの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるため
美肌、美白効果も期待されます。

その他にもパプリカには

● 生活習慣病の予防
● 免疫力を高める効果

などの効能が期待されています。

 

  パプリカの選び方と保存方法

パプリカを保存するときは水分を吸収させるため
新聞紙などにくるんでからビニールに入れ野菜室
に入れましょう。
または千切りにしジップ袋に入れ冷凍室で保存し
ます。

 

スポンサードリンク




 

  パプリカを使った簡単レシピ

パプリカのサラダ

材料(2人分)
・パプリカ     赤、黄各1
・紫玉ねぎ     1個
・サニーレタス   2枚

ドレッシング
・オリーブオイル   大匙2
・酢         大匙1
・白ゴマ       小匙1
・塩胡椒       適宜

作り方
 1 
パプリカは中身を手でくりぬき縦に線切りにします。

 2 
玉ねぎは千切りにし水にさらしてから絞って水けを切
り、レタスは適当な大きさにカットします。

 3 
ボールにドレッシングの材料を入れ混ぜ合わせます。

 4 
具材を合わせてざっくりまぜます。

 

赤パプリカと赤人参のポタージュ

材料(2人分)
赤パプリカ   1/2個
赤人参     人参1/3本
玉ねぎ     1/4個
固形コンソメ  1個
牛乳      200ml
塩・黒コショウ 少々
生クリーム   適量
乾燥パセリ   適量
水       200ml

作り方
 1 
野菜は洗って細かくカットする

 2 
電子レンジで野菜を柔らかく加熱する。

 3 
野菜をビニールに入れて潰します。

 4 
鍋に牛乳、水、コンソメ、野菜を入れ火にかけ焦が
さないように煮ていきます。

 5 
塩コショウで味を調える。


器にもってから生クリームを入れパセリを散らす。

 

パプリカのマリネ

材料(2人分)
・赤パプリカ      3個
・オリーブオイル    大匙1
・レモン汁       大匙1
・砂糖         小匙1/2
・粗びき黒こしょう   適宜

作り方
 1 
パプリカはヘタと芯をくりぬき縦に千切りにします。

 2 
ボールにマリネの材料を混ぜ合わせます。

 3 
パプリカを入れ混ぜ合わせ、ラップをかけて冷蔵庫で
一晩寝かせます。

 

スポンサードリンク




 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干ししめじの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「あずき茶」の効能と効果
ポリフェノールがいっぱいの女性に嬉しい健康茶あずき茶の効能・効果について調べてみました。あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られており日本人にはとてもなじみの深いものです。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました