ズッキーニの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ズッキーニの旬は

ズッキーニはカボチャの一種で初夏から秋にかけて
が旬になります。

 

  ッキーニに含まれるの栄養成分

・カリウム
・β―カロテン
・ビタミンC
・ビタミンB群

  ズッキーニの栄養効果

ズッキーニにはβ―カロテンやビタミンB群が豊富に
含まれておりアンチエイジング効果が期待されます。
またビタミンCも含まれており免疫力アップから夏風
邪の予防や肌あれ防止にも役立ちます。

その他にもズッキーニには

● 疲労回復効果
● 高血圧予防
● 美肌・美白効果
● 免疫力アップ
● ダイエット効果
● むくみ解消
● 便秘解消

などの効能が期待されています。

 

  ズッキーニの選び方

ズッキーニを選ぶ際はあまり大きすぎないもの
表面がつややかできれいなものを選びます。

 

  ズッキーニの保存方法

ズッキーニはカボチャの仲間ですがカボチャほど
保存が効きません。
低温に弱いので新聞紙などにくるんで風通しの良
い場所に保存します。

 

スポンサードリンク




 

  ズッキーニを使った簡単レシピ

 

ラタトゥイユ

材料(2人分)
ズッキーニ 1本
玉ねぎ        1個
なす        2本
ホールトマト     1缶
醤油         大匙1
塩        適宜
オリーブオイル    大匙1
固形洋風ブイヨン   1コ
ニンニク       1個

作り方
 1 
ズッキーニ、玉ねぎ、茄子はくし切りにし、ニンニ
クは包丁の背でつぶしておきます。

 2 
フライパンにオリーブオイルを入れニンニクを入れ
て香りがでてきたら、ズッキーニ、玉ねぎ、茄子を
入れ炒めます。

 3 
ホールトマトと固形ブイヨンを加え材料が柔らかく
なるまで煮てから塩胡椒、醤油、塩で味を調えます。

 

ズッキーニのスープ

材料(2人分)
ズッキーニ      1本
玉ねぎ        1/2コ
パプリカ       1コ
人参         1/2コ
顆粒コンソメ     小匙2
水          300㏄
塩、コショウ     適宜

作り方
 1 
ズッキーニは縦半分に切って薄切り、玉葱とパプリ
カは千切り人参は乱切りにします。

 2 
鍋に水顆粒コンソメを入れ火にかけ材料を入れ柔ら
かくなるまで煮込みますす。

 3 
塩胡椒で味を調えます。

 

ズッキーニの天婦羅

材料(2人分)
ズッキーニ 1本
天婦羅衣     適宜
塩        少々

作り方
 1 
ズッキーニ―は洗って7㎜の輪切りにします。

 2 
塩を加えた天ぷら衣をくぐらせて180度の油で色よ
く揚げます。

 

スポンサードリンク



 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「昆布茶」の効果・効能
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみが深く和風料理には欠かせない食材です。昆布茶 は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く健康茶として昔から飲まれてきました。  昆布茶の主な栄養素・海藻ミネラル・アルギン酸・ヨウ素・カルシウム・カリ
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました