キヌサヤの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

  キヌサヤの旬は

キヌサヤは一年中店頭で見られますが、春から夏にか
けてが旬になります。

 

  キヌサヤに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンC
・ビタミンK
・葉酸
・ミネラル
・食物繊維

 

  キヌサヤの栄養効果

キヌサヤには抗酸化作用のあるカロテンやビタミンB
群ミネラルなどがバランスよく含まれており、アンチ
エイジング効果や、美肌効果などが期待されます。

その他にもキヌサヤには

● 老化予防
● 風邪予防
● 免疫力を高める
● 美肌効果
● 便秘解消
● ストレス緩和
● 視力や粘膜の維持

などの効能が期待されています。

 

  キヌサヤの選び方

キヌサヤを選ぶと色つやの良いものは切り口が新鮮で
瑞々しいもの、先が茶色に変色していないものを選び
ましょう。

 

  キヌサヤの保存方法

キヌサヤの保存方法は湿らしたペーパーなどに包んで
からポリビニールなどに入れ野菜室で保存します。
傷みが早いので早見に使い切りましょう。

 

スポンサードリンク




 

  キヌサヤを使った簡単レシピ

カボチャとキヌサヤの含め煮

材料(2人分)
キヌサヤ      8本
かぼちゃ        200g
出し汁      200cc
砂糖           大匙1
醤油          大匙1
塩           少々

作り方
 1 
カボチャはところどころ皮を剥いて食べやすい大きさ
にカットします。

 2 
キヌサヤはヘタとすじを取ります。

 3 
鍋にだし汁とかぼちゃを入れ火にかけます。

 4 
沸いたら火を弱め砂糖を入れて7分通り火が通ったら
醤油と塩を入れ煮含めます。

 5 
キヌサヤを入れ火を通したら出来上がりです。

 

キヌサヤの卵とじ

材料(2人分)
キヌサヤ    100g
小エビ     100g
卵       2個
だし汁     カップ1
砂糖      大匙1
醤油      大匙2
味醂      大匙1
砂糖      小匙2

作り方
 1 
キヌサヤはヘタとすじを取り食べやすい大きさに切
ります。

 2 
卵は割りほぐしておきます。

 3 
フライパンに水とだしを入れ沸いたらキヌサヤ小エ
ビ、調味料を入れます。

 4 
火が通ったら卵を流しいれ半熟で火を止めます。

 

  キヌサヤのバター炒め

材料(2人分)
キヌサヤ      100g
バター       大匙2
醤油        適宜
塩胡椒       適宜

作り方
 1 
キヌサヤは両端を切り落としすじをとります。

 2 
フライパンにバターを熱しキヌサヤを炒めます。

 3 
キヌサヤに火が通ったら鍋肌から醤油を回しいれ
塩胡椒で味を調えます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「碁石茶」の効果・効能
沸騰ワード10などメディアでも何回か取り上げられた話題の高知名産の発酵茶「碁石茶」。碁石茶 は高知県の大豊町の山地で江戸時代から伝わる秘伝のお茶です。  碁石茶の成分・カテキン・カフェイン・テアニン・ロイシン・GABA  碁石茶の効能碁石茶
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました