セロリの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  セロリの旬は

セロリは一年を通して出荷されていますが春や秋が
多いようです。

 

  セロリの主な栄養成分

・β-カロテン
・ビタミンB群
・食物繊維
・ビタミンC
・ビタミンE

 

  セロリの栄養効果・効能

セロリには独特の香りと味があり好き嫌いも別れる野菜
ですがセロリの成分に含まれるビタミンEには強い抗酸
化作用があり老化の原因となる体の酸化を防止するアン
チエイジング効果が期待されています。
またビタミンCにはシミ、そばかす、しわなどの肌トラ
ブルの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ働きがある
ため美肌効果や美白効果が期待できます。

その他にもセロリには

● 精神安定
● 食欲増進
● 血流改善
● 視機能改善
● 疲労回復
● 高血圧予防
● 腸内環境を整える

などの効能が期待されています。

 

  セロリの選び方

セロリを選ぶ際は茎の部分が瑞々しく肉厚でハリが
あり葉もきれいなものを選びます。

  セロリの保存方法

セロリの保存は葉と茎の部分をわけラップなどにく
るんで野菜室で保存します。

 

スポンサードリンク




 

  セロリを使った簡単料理

セロリの天婦羅

材料(2人分)

セロリの葉    1束分
薄力粉      大匙3
卵        1コ
水        適宜

作り方
 1 
ボールに卵を割り入れ水と薄力粉で天ぷら衣をつく
ります。

 2 
フライパンに1㎝くらいの油をひき①の衣をくぐら
せ揚げていきます。

 

セロリスープ

材料(2人分)
水        400㏄
固形コンソメ   1コ
卵        1コ
セロリの茎と葉  適宜
塩、胡椒     適宜

作り方
 1 
小鍋に水とコンソメを入れ火にかけます。

 2 
セロリの茎を入れあらかた火が通ったら卵を流しい
れます。

 3 
器に入れ塩、胡椒で味を調えセロリの葉を浮かべます。

セロリスムージー

材料(2人分)
セロリ 2/3束
リンゴ      1/2個
冷凍バナナ 1本
水 200cc

作り方
 1 
リンゴは皮をむきいちょう切りにしセロリは適当な多
きさにカットする。

 2 
バナナ、セロリ、水、りんごを入れミキサーにかける。

 

スポンサードリンク




 

 


こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライレモンの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「ハブ茶の効果・効能」
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。  ハブ茶の主要成分・クリソファノール・フスチオン・オブツシフェリン・エモジン・アンスロン
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました