サツマイモの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  サツマイモの旬は

サツマイモの旬は秋から冬にかけてになりますが
貯蔵することによってより甘みが増すことから
冬に出回るものに人気があります。

 

  サツマイモのの栄養効果

サツマイモには食物繊維が豊富に含まれており
便秘解消やコレステロールの吸収を抑える作用
からダイエットにモ役立ちます。
またビタミンEも含まれておりアンチエイジン
グ効果も期待されます。

 

  サツマイモのに含まれるの栄養成分

・カルシウム
・カリウム
・ビタミンC
・ビタミンE
・食物繊維
・カロチン

その他にもサツマイモのには

● 風邪予防
● 便秘解消
● 美肌効果
● 血行改善
● 老化予防
● 更年期障害予防

などの効能が期待されています。

 

  サツマイモの選び方

サツマイモはずっしりと重く表面がつややかで
きれいなものを選びましょう。

 

  サツマイモのの保存方法

サツマイモは低温に弱いので冷蔵庫へ入れない
ようにしましょう。
新聞紙などにくるんで涼しい場所に保存します。

 

スポンサードリンク




 

  サツマイモを使った簡単レシピ

大学芋

材料(2人分)
サツマイモ   1個
砂糖      大匙2
味醂      大匙1
醤油      大匙1
黒ごま     大匙1

作り方
 1
サツマイモは綺麗に洗って乱切りにし水に20分ほど
つけてあく抜きします。

 2 
油を熱し水分をしっかりとったサツマイモを揚げて
いきます。

 3 
あらかた火が通ったら一度取り出し二度揚げしてカ
ラっとさせます。

 4 
調味料を小鍋に入れ沸騰したら上げたサツマイモを入
れからめます。

 5 
うつわにもりゴマを振りかけます。

 

スイートポテト

材料(2人分)
サツマイモ      200g
バター        大匙1
砂糖         大匙1
牛乳         20cc
塩          適宜
卵黄         1/3個

作り方
 1 
サツマイモはレンジでチンするか蒸かすなどして
皮を剥きビニールに入れてつぶします。

 2 
つぶしたサツマイモをボールに移し熱いうちにバタ
ー、砂糖。塩を加えて混ぜ合わせ細長く丸めます。

 3 
アルミホイルに入れ表面にとかした卵黄をハケけな
どで塗ってからオーブントースターで焼き色がつく
まで焼きます。

さつまいもごはん

材料(2人分)
サツマイモ小     1本
塩          少々
お米         1.5合
もち米        0.5合
酒          大さじ1
塩          小さじ1
ゴマ塩        適量

作り方
 1 
サツマイモは綺麗に洗って1㎝角に切り水につけて
アクを取ってからざるにあげます。

 2 
米ともち米を合わせて洗ってざるにあげ30分置きま
す。

 3 
炊飯器に、米、酒、塩と分量の水を入れ炊き上げま
す。

 4 
ざっくり混ぜ合わせおちゃわんにもりつけゴマ塩
を振ります。

 
スポンサードリンク



 


 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「碁石茶」の効果・効能 | 健康習慣
沸騰ワード10などメディアでも何回か取り上げられた 話題の高知名産の発酵茶「碁石茶」。 碁石茶は高知県の大豊町の山地で江戸時代から伝わる 秘伝のお茶です。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子にはDHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは体内で作ることができません。DHAやEPAには抗アレルギー作用や血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防などの効果がも期待されます。また肥満の予防にも役立ちます。
タイトルとURLをコピーしました