長ネギの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  長ネギの旬は

長ねぎは1年中に店頭で見られますが、秋の終わりか
ら冬が旬です。

 

  長ネギに含まれるの栄養成分

・アリシン
・ビタミンA
・ビタミンC
・β―カロテン
・カルシウム

 

  長ネギの栄養効果

長ねぎにはびたみんB1の吸収を助けるアリシンが豊
富に含まれています。
アリシンは強い香りの成分で血行を良くする働きがあ
り疲労回復に役立ちます。
また体を温める効果があり風邪予防にも効果的です。

その他にも長ネギには

● 疲労回復
● 免疫力アップ
● 目の健康
● 骨や歯を丈夫に保つ
● 肩こり改善
● 食欲増進

などの効能が期待されています。

 

  長ネギの選び方

長ねぎを選ぶときは白い部分が長いもの、瑞々し
く真っすぐなもの緑の部分も色が濃くきれいなも
のを選びましょう。

 

  長ネギの保存方法

長ねぎは乾燥するとしおれてしましますのでラップ
に包んで野菜室に保存します。

 

スポンサードリンク




 

  長ネギを使った簡単レシピ

焼き長ねぎ

材料(2人分)
ネギ       1本
塩胡椒      適宜
作り方
 1 
長ねぎの白い部分を使います。4㎝の長さにカットしま
す。
 2 
魚を焼くコンロに並べて焼き両面に焦げ目をつけます。

 3 
塩コショウしてそのままかポン酢などでいただきます。

 

長ねぎとわかめの味噌汁

材料(2人分)
長ねぎ        5センチ位
乾燥わかめ      適宜
水          400㏄
和風だし       小匙1
味噌         大匙1~1.5

作り方
 1 
長ねぎは斜め細切りにし、ワカメは水に戻しておきま
す。

 2 
小鍋に水と和風だしを入れ火にかけます。

 3 
長ねぎとわかめを入れ火が通ったら味噌を解き入れます。

 

長ねぎのかき揚げ

材料(2人分)
長ねぎ         1/2本
人参          1/2本
天婦羅衣        適宜
油           適宜

作り方
 1 
長ねぎは斜め薄切り、人参は千切りにします。

 2 
ボールに衣を作りネギと人参を混ぜ合わせます。

 3 
油を熱してお玉に具材を取り揚げていきます。

 

スポンサードリンク




 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。
タイトルとURLをコピーしました