ケールの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

 

ケール(Kale)とは

ケールは地中海沿岸が原産の植物で、生命力が強く暖かいところでは1年中収穫されます。
食感がよくサラダなどに使われるほか青汁の原料としても使われています。

 

ケールの旬は

ケールの旬は秋から冬にかけてです。

 

ケールの栄養素

・βカロテン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・食物繊維
・カルシウム
・メラトニン
・ルテイン

 

ケールの効果・効能

ケールはキャベツの原種で地中海沿岸が原産の非常に栄養価の高い植物で知られています。
ケールに含まれるSOD酵素やビタミンには抗酸化作用がありシワやシミなど老化の原因となる活性酸素を除去する為アンチエイジングにつながります。
またカルシウムも含まれ歯や骨を丈夫に保つことによって骨粗鬆症予防にもつながります。

他にもケールには

● 便秘解消
● ダイエット効果
● 眼精疲労
● 糖尿病予防
● 安眠効果
● ストレスを緩和
● 精神疾患
● 風邪予防
● インフルエンザ予防
● 目や肌をきれいに保つ
● 粘膜や皮膚を正常に保つ
● 不眠症予防
● 美肌効果
● ストレスを軽減
● 血糖値上昇抑制
● 動脈硬化予防
● 活性酸素抑制
● コレステロール増加抑制
● 緑内障予防
● 生活習慣病予防

などの効果が期待できると言われています。

 

ケールの選び方

ケールを選ぶ際は緑色が濃く葉につやとハリがあるものを選びましょう。

 

ケールの保存方法

ケールの保存方法は乾燥が大敵ですので湿らせた新聞紙などに包み野菜室に保存します。

 

スポンサードリンク



 

ケールを使った簡単レシピ

 

ケールとベーコンのシーザーサラダ

材料(2人前)
ケール        3枚
ベーコン       4枚
オリーブオイル    小さじ2

シーザードレッシング
・マヨネーズ      大匙2
・粉チーズ       大匙2
・レモン汁       小匙1
・すりおろしニンニク  小匙1
・黒こしょう      適宜

作り方
 1 
ケールは食べやすい大きさに切りベーコンは1cm幅角くらいに切ります。

 2 
ドレッシングの材料を合わせておきます。

 3 
オリーブオイルを熱しベーコンを炒めケールを加えサッと炒めます。

 4 
火を止めドレッシングの材料を混ぜ合わせて器に盛りつけます。

 

ケールのにんにく炒め

材料(2人分)
ケール         3枚
オリーブオイル     大匙1
ニンニク        1カケ
醤油          小匙2
塩胡椒         適宜

作り方
 1 
ケールは食べやすい大きさにカットします。

 2 
ニンニクは包丁の背でつぶします。

 3 
フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくを入れ弱火にかけ香りが立ってきたらケールを入れ炒めます。

 4 
醤油を回しいれ塩胡椒で味を整えます。

 

バナナ入りケール青汁

材料(2人前)
・ケールの葉    2枚
・牛乳または豆乳  300cc
・バナナ      1本
・はちみつ     大匙1
・レモン汁     適宜

作り方
 1 
ケールは細かく切る

 2 
バナナは一口大に切る

 3 
材料全てをミキサーにかける。

 

リンゴ入りケール青汁

材料(2人前)
ケールの葉   2枚
水       300cc
りんご     1個
はちみつ    大匙1
レモン汁    適宜

作り方
 1 
ケールは小さく切る

 2 
リンゴは一口大に切る

 3 
材料全てをミキサーにかける。

 

ケールの育て方

ケールは生命力が高く一年を通して栽できるので育てやすい植物でもあります。
家庭菜園が可能であればチャレンジしてみましょう。
時期を少しずつづずらして種をまくとほぼ一年中収穫できます。

 

スポンサードリンク



 

 


こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。 冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。 冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。きれいな 大根が手に入ったら是非一度チャレンジしてみましょう。
健康茶「昆布茶」の効果・効能
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみが深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪は、アブラナ科アブラナ属の越年野菜でカブラ スズナなどとも呼ばれます。 肥大した球形の根を食用とされ、大根よりは実が柔らかい ので漬物にもぴったりです。
タイトルとURLをコピーしました