青梗菜(チンゲンサイ)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  青梗菜(チンゲンサイ)の旬は

青梗菜(チンゲンサイ)は1年従出回っていますが
穏やかな気候の春や秋が旬となります。

 

  青梗菜(チンゲンサイ)に含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・カリウム
・葉酸
・パントテン酸
・ビタミンC
・鉄分
・ミネラル

 

  青梗菜(チンゲンサイ)の栄養効果

青梗菜には髪や目の健康を維持する働きのあるβ―カ
ロテが豊富に含まれています。
またカルシウムやカリウムも含まれ骨粗鬆症予防やむ
くみ予防にも役立ちます。

その他にも青梗菜(チンゲンサイ)には

● 抗酸化作用
● 高血圧予防
● 風邪予防
● 骨や歯を丈夫に保つ
● 生活習慣病予防
● 免疫力強化

などの効能が期待されています。

 

  青梗菜(チンゲンサイ)の選び方

青梗菜(チンゲンサイ)を選ぶ際は茎の部分がふっ
くらとふくらみがあり葉の数が多く葉先までピンと
立っているものを選びます。

 

  青梗菜(チンゲンサイ)の保存方法

青梗菜(チンゲンサイ)は乾燥するとしおれてしま
いますので新聞紙などにくるんで野菜室で立てて保
存します。

 

スポンサードリンク




 

  青梗菜(チンゲンサイ)を使った簡単レシピ

青梗菜と厚揚げの炒め煮

材料(2人分)
青梗菜      2把
厚揚げ      1個
砂糖       大匙1
醤油       大匙1.5
味の素      適宜
サラダ油     大匙1

作り方
 1 
青梗菜は1まいづつ葉をはがし洗って水を切り4センチ
くらいの長さにカットします。

 2 
厚揚げは縦半分に切ってから7mmくらいにきります。

 3 
フライパンに油を熱し厚揚げをためてから青梗菜を軽く
炒めてからさらに砂糖醤油を入れていため、味に素をふ
りかけます。

青梗菜の玉子とじ

材料(2人分)
青梗菜        2株
卵          2個
水          100㏄
醤油         大匙1
砂糖         小匙2
和風だしの素     小匙1

作り方
 1 
卵は割りほぐしておきます。

 2 
青梗菜はい枚ずつ剥がして綺麗に洗い水分をっペーパ
ータオルなどでしっかり拭きとり4センチくらいにカッ
トします。

 3 
フライパンに青梗菜の白い部分、水、だしの素、醤油
を入れ火にかけ2分くらい煮てから葉の部分を入れサッ
と煮ます。

 4 
卵を流しいれ半熟になった火を止めます。

青梗菜としいたけのニンニクバター炒め

材料(2人分)
青梗菜       2株
干し椎茸      3個
ニンニク      1カケ
バター       大匙1
油         大匙1

作り方
 1 
干しシイタケは戻して食べやすい大きさにカットしま
し、ニンニクは包丁の背でつぶしておきます。

 2 
青梗菜はい枚ずつ剥がして綺麗に洗い水分をっペーパ
ータオルなどでしっかり拭きとり4センチくらいにカッ
トします。

 3 
フライパンに油とバター、ニンニクを入れ弱火で香りを
油にうつします。

 4 
干しシイタケと青梗菜を炒めて火が通ったら塩コショウ
で味を調えます。

 

スポンサードリンク



 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。
タイトルとURLをコピーしました