オクラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

 

オクラとは

オクラは、アフリカ北東部を原産とするアオイ科の植物で果実が食用になります。
もともと熱帯植物のため日本では越冬できず1年草になります。
実は横に切るときれいな6角形の形になり独特のぬめりがあります。
酢の物やソテー、てんぷらなどに調理されます。

 

オクラの旬は

オクラは一年中店頭に並んでいますが旬は夏になります。

 

オクラの栄養効果

オクラにはガラクタンやペクチンといったぬめりの成分が含まれておりこれらの成分には「これ酢とレールを排除する効果があると言われています。
またβ―カロテンも豊富に含まれており髪や皮膚の健康維持や目の健康にも役立ちます。

 

オクラに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ガラクタン
・ペクチン
・アラバン
・カリウム

 

その他にもには
● 骨を丈夫に保つ
● アンチエイジング効果
● 利尿作用
● 便秘解消
● 抗酸化作用
● 殺菌効果

などの効能が期待されています。

 

オクラの選び方

オクラを選ぶ際は切り口やヘタの部分が茶色く変色
していないもの産毛があるものを選びます。
またあまり大きくなく手ごろなサイズのものを選び
ましょう。

 

オクラの保存方法

オクラは低温に弱いため冷蔵庫に入れるとすぐに黒ずんできます。
新聞紙にくるみ常温で保存します。

 

スポンサードリンク




 

オクラを使った簡単レシピ

 

オクラ納豆ご飯

材料(2人分)
オクラ      3本
納豆       2パック
付属のたれ    2
醤油       適宜
ごはん      2膳分

作り方
 1 
オクラは洗ってヘタを取り薄い輪切りにします。

 2 
ボールに納豆を入れオクラとたれ醤油を混ぜあわせます。

 3 
ごはんにかけていただきます。

 

オクラの三杯酢

材料(2人分)
オクラ    8本

三杯酢
・酢        大匙3
・醤油       大匙1
・砂糖       大匙1/2
(砂糖の量はお好みで)

作り方
 1 
三杯酢を合わせておきます。

 2 
オクラは洗ってヘタを取り薄い輪切りにします。

 3 
三杯酢につけます。

 

オクラのごま和え

材料(2人分)
オクラ      8本
醤油       大匙1
砂糖       大匙1/2
すりごま     大匙2

作り方
 1 
オクラは洗ってヘタをカットします。

 2 
オクラは食べやすい大きさにカットしレンジで1分ほど過熱します。

 3 
ボールに調味料を入れ混ぜ合わせてからオクラをあえます。

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるように リンゴは栄養価の高い果物で知られています。 リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化など の原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミ ンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。 ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「碁石茶」の効果・効能
沸騰ワード10などメディアでも何回か取り上げられた話題の高知名産の発酵茶「碁石茶」。 碁石茶は高知県の大豊町の山地で江戸時代から伝わる秘伝のお茶です。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子は、ニシンのメスの魚卵で、塩漬けしたり乾 させたりして食用にします。 黄金の色と無数の卵からできていることから子孫繁栄 の縁起物としてお正月のお節料理には欠かせないもの となっています。
タイトルとURLをコピーしました