三つ葉の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  三つ葉の旬は

三つ葉の旬はは春です。そのころの三つ葉は香もよく
柔かいです。

 

  三つ葉に含まれるの栄養成分

・βカロテン
・ビタミンC
・ビタミンK
・カリウム
・ミネラル
・食物繊維
・葉酸

 

  三つ葉の栄養効果

日本のハーブ三つ葉はその香りはミツバエンという成分
からくるものでイライラの解消や食欲増進効果がありま
す。
またカリウムを豊富に含んでおり体内の余分なナトリウ
ムを排泄するはたらきがありむくみ予防や生活習慣病予
防効果も期待されます。

その他にも三つ葉には

● 精神安定効果
● 高血圧予防
● 筋肉の働きを助ける
● 髪や肌の粘膜を健康に保つ
● 便秘解消
● 呼吸器を保護

などの効能が期待されています。

 

  三つ葉の選び方

三つ葉を選ぶ際は葉が変色していない緑がきれいで
つやのあるものを選びましょう。

 

  三つ葉の保存方法

三つ葉は乾燥すると葉が茶色に枯れてしまいます。
湿らせた新聞紙などにくるんで野菜室にできれば立
てて保存します。

 

スポンサードリンク




 

  三つ葉を使った簡単レシピ

三つ葉のお吸い物

材料(2人分)
三つ葉 1/2袋
だし汁 400cc
薄口醤油 小匙2
酒           大匙1
塩           小匙1/2
みりん         大匙1

作り方
 1 
ミツバは根元を切り落としてから3㎝~4センチにカッ
トします。

 2 
小鍋にだし汁と調味料を入れ火にかけます。

 3 
沸いたら三つ葉と麩を入れひとに立ちしたら火を止め
ます。

 

三つ葉のおひたし

材料(2人分)
三つ葉        1把
かつおぶし      10g
めんつゆ       小匙1

作り方
 1 
みつばは色よく茹でって水にとりしぼります。

 2 
醤油をかけ軽くまぶしてからもう一度絞って3㎝くら
いにカットしボールに入れます。

 3 
めんつゆを入れ軽く混ぜあわせて器に盛り付け鰹節を
のせます。

 

三つ葉のちゃわんむし

材料(2人分)
三つ葉        2本
鶏もも 40g
銀杏(水煮)     4個
しいたけ       1/2個
かまぼこ       2切れ
卵 2個
だし汁         300cc
酒          大匙1/2
薄口醤油       小匙2
塩          小さじ1/2

作り方
 1 
鶏もも肉は小さめの一口大に切りしいたけはいしづ
きを取って千切りにします。

 2 
三つ葉は洗って3㎝にカットします。

 3 
小鍋にだし汁と調味料を入れ火にかけ沸いたら火を
止め冷まします。

 4 
卵を溶いてだしと混ぜ合わせます。

 5 
うつわに三つ葉以外の材料を入れ卵液を注ぎ三つ葉
をのせます。

 6 
ふたをして蒸し器に入れ15分加熱します。

 

 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって失われてしまいます。そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干し
健康茶「ハブ茶の効果・効能」 | 健康習慣
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。 ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと 混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました