ニラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

  ニラの旬は

ニラは一年中店頭でみかけますが旬は夏です。
スタミナがつき独特の香りが食欲をそそるので疲労回
復には最適です。

 

  ニラの栄養成分

・アリシン
・β-カロテン
・ビタミンC
・ビタミンE
・ミネラル
・食物繊維

 

  二ラの効果・効能

ニラはに含まれるβカロテン、ビタミンには強い抗酸
化作用があるため体内の活性酸素を除去する働きがあ
るため老化を遅らせる効果が期待されます。
βカロテンは、体内でビタミンAに変換されるため目の
粘膜の保護する機能もあり目の老化の予防にもつなが
ります。

その他にもには

● 疲労回復効果
● 血流を改善する効果
● 免疫力を高める効果
● 動脈硬化予防

などの効能が期待されています。

 

  ニラの選び方

ニラの選び方は、葉の緑色が濃く、艶があり手にした
とき、葉先までピンと立っているもの、切り口のきれ
いなものが新鮮です。

 

  ニラの保存方法

ニラの保存方法は
袋に入っていないものはラップをかけ、新聞紙で包ん
で野菜室に入れます。

 

スポンサードリンク




 

  ニラを使った簡単レシピ

 

レバニラ炒め

材料(2人分)
豚レバー    200g
もやし    150g
ニラ    1束
にんにく    1カケ
しょうが    1カケ
牛乳         適宜
サラダ油       大匙3
片栗粉        大匙2
塩、胡椒       適宜

調味料
・オイスターソース   小匙2
・醤油         大匙2
・酒          大さ2
・砂糖         小匙1
・鶏がらスープのもと  小匙1/2

作り方
 1 
レバーはよく洗って適当な大きさにカットしレバーが
浸るくらい牛乳を入れ30分くらい置きます。

 2 
調味料はすべて合わせておきます。

 3 
レバーを取り出し洗って水分をふきとり塩コショウ
してから片栗粉をまぶします。

 4 
ニラは4センチに切り、生姜とニンニクはすりおろす。

 5 
フライパンに油を惹きレバーを入れ両面をこんがり焼
き火を通します。

 6 
一旦レバーを取り出し生姜にんにくを炒め香りが立っ
たらニラ、もやしを入れ炒めます。

 7 
レバーを戻し合わせ調味料を回しいれて出来上がりで
す。

 

ニラチジミ

材料 (2人分)
ニラ 1/2束
玉ねぎ 1/4

タネ
薄力粉      大さじ5
片栗粉      大さじ3
鶏ガラスープの素 小さじ1
塩、こしょう   適宜
水        100cc
ごま油       大さじ2

付けダレ
醤油       大さじ3
酢        大さじ1.5
砂糖     大さじ1
大蒜摺おろし   適宜
コチュジャン   適宜
ごま油      小さじ1
摺りごま(白)  大さじ1

作り方
 1 
付けだれのたれを合わせたれをつくっておきます

 2 
ニラは4センチくらいに切り玉ねぎは薄くスライス
する。
ボールにたねの分量をすべて入れ混ぜ合わせる。

 3 
②に野菜を入れざっくり混ぜ合わせる

 4 
フライパンにごま油をひき種を流しいれて両面き
つね色に焼き上げる。

 5 
カットしてたれをつけていただきます。

ラとたらこの炒めもの

材料(2人分)
ニラ    1束
たらこ   1房
レモン汁  大匙1

作り方
 1 
たらこは中央に縦に切り目を入れ開いて中身を
スプーンなどでこそぎ取り皮を除きます。

 2 
ニラ洗って水けを切り5センチくらいに切ります。
油が跳ねないようしっかり水けをふき取ります。

 3 
フライパンに油を惹きニラを炒めしんなりしたら
たらこをいれ混ぜ合わせレモン汁をかけて出来上が
りです。

とっても簡単なのに食用増進効果があります。

 

スポンサードリンク




 


 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって失われてしまいます。そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干し
健康茶「ハブ茶の効果・効能」 | 健康習慣
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。 ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと 混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
タイトルとURLをコピーしました