小松菜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  小松菜の旬は

小松菜はハウス栽培で一年中出回っていますが旬は
冬です。

 

  小松菜の栄養成分

・β-カロテン
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンC
・ミネラル

 

  小松菜の効果・効能

小松菜に含まれるβ-カロテンに体内でビタミンAに
代わり肌や粘膜を健康に保つ働きがあります。
また強い抗酸化作用を持ち活性酸素の除去すること
で老化を遅らせる働きが期待されます。
さらに小松菜にはビタミンCも豊富に含まれるためシ
ミ、そばかすなどといった肌トラブルの解消にも役
立ちます。

その他にも小松菜には

● 骨を丈夫にする
● 美白効果
● 生活習慣病予防
● 貧血解消
● 高血圧予防
● 野菜不足解消

などの効能が期待されています。

 

  小松菜の選び方と保存方法

小松菜を選ぶときは葉がきれいな緑色で柔かくくきも
しっかり身のあるものを選びましょう。

小松菜の保存方法は濡れた新聞紙でくるんで野菜室で
立てて保存します。
または洗って水分をふき取り食べやすい大きさにカッ
トしてジップ袋などに入れ冷凍庫で保存します。

 

スポンサードリンク




 

  小松菜をつかった簡単レシピ

小松菜のガーリック炒め

材料 (2人分)
小松菜      1把
にんにく     2~3片
ごま油      小1
赤唐辛子     適宜
醤油       大1
粗挽き黒胡椒   適宜
自然塩      適宜

作り方
 1 
小松菜は流水でよく洗って食べやすく大きさに切る。

 2 
フライパンにごま油を入れスライスしたニンニクと
小口切りした
唐辛子を焦がさないよう炒める。

 3 
水けをよく切った小松菜を投入し炒めしんなりした
ら醤油と塩で味付けをします。

 

小松菜とリンゴのスムージー

材料(2人分)
小松菜     1把
リンゴ     1コ
レモン汁    適宜
水       100cc
蜂蜜      (お好みで)

作り方
 1 
小松菜はよく洗ってざく切りにする。

 2 
リンゴは皮をむき芯をくりぬいていちょう切りにする。

 3 
リンゴ、小松菜、水、レモン汁をミキサーに入れ攪拌
します。

小松菜と薄切り肉の炒め物

材料 (2人分)
小松菜     1束
豚薄切り肉    100g
ごま油     大匙1
和風だしの素   小匙1
三温糖      大匙1/2
濃口醤油     大匙1

作り方
 1 
小松菜は流水でよく洗って食べやすく大きさに切る。

 2 
油揚げは半分に切ってから縦に細く切る。

 3 
フライパンにごま油を入れ小松菜と油揚げを炒める。

 4 
しんなりしたら本だし砂糖醤油で調味して出来上がり。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライレモンの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「ハブ茶の効果・効能」
健康茶「ハブ茶」の効能・効果について調べてみました。ハブ茶葉マメ科の一年草で香りがよく日本では番茶などと混ぜて飲まれることもありなじみのあるお茶です。  ハブ茶の主要成分・クリソファノール・フスチオン・オブツシフェリン・エモジン・アンスロン
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました