キャベツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の
野菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるもの
も増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、
また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸
ごといただきたいものです。

 

  キャベツの旬は

キャベツは一般的に冬が旬ですが、別の品種として
春キャベツがあります。
春キャベツは水分が多く柔らかいのが特徴でサラダ
にぴったりです。

 

  キャベツの主な成分

・タンパク質
・糖分
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビタミンU
・カリウム
・カロチン
・食物繊維
・カルシウムなど
・クロロゲン
・モリブデン
・フラボノール

 

  キャベツの栄養・効能

キャベツは店頭に一年中並び、安価で日本人にとって
は最もなじみのある野菜の一つです。
淡黄色野菜ながら抗酸化作用も強く、ビタミン類も豊
富に含まれており非常に栄養価の高いトップクラスの
食品です。
ビタミンUは優れた健胃作用があることから胃腸薬
(キャベジン)としても販売されていることが知られ
ます。

その他にもキャベツには

● 美肌効
● 疲労回復
● 風邪予防
● 健胃作用
● 骨粗しょう症の予防
● 貧血予防
● 便秘解消
● 高血予防
● 動脈硬化予防
● 糖尿病予防
● 肥満予防
● 皮膚の保護作用
● 粘膜の保護作用

などの効果が期待されます。

 

  キャベツの選び方

キャベツを選ぶ際は丸くずっしりと重いもの、葉が
きれいに巻いているものを選びましょう。

 

  キャベツの保存方法

キャベツは芯から傷みやすいので芯を包丁でくりぬ
き、そこに湿らせたキッチンぺーパーなどを詰め新
聞紙にくるんでからビニール袋に入れて野菜室で保
存します。
その他千切りにしてジプロックなどに入れ冷凍室で
保管しておくとスープなどに使用でき便利です。

 

スポンサードリンク




 

  キャベツを丸ごと食べる簡単レシピ

キャベツの味噌マヨネーズ和え

材料
・キャベツの葉   3枚
・味噌       大匙1/2
・マヨネーズ    大匙1

作り方
 1 
鍋にお湯を沸かしてキャベツをサッとゆで食べやすい
大きさに切って絞ります。

 2 
ボールに味噌とマヨネーズを入れ混ぜ合わせます。

 3 
さらにキャベツを入れ和えたら完成です。

 

キャベツたっぷりお好み焼き

材料(1人分)
豚バラ      3枚

具の材料
・キャベツ    葉3枚
・長いも     適宜
・青ねぎ     2本
・紅しょうが   小2
・揚げ玉     適宜
・桜エビ     適宜

生地
・小麦粉     35g
・卵       1個
・だし汁     大5

お好みソース
鰹節
粉海苔

作り方
 1 
キャベツはざく切り青ネギは小口切りにします。

 2 
生地の材料をざっくり混ぜあわせ具をすべて入れてた
ねを作ります

 3 
フライパンに油を惹き豚肉を並べその上にたねをいれ
返せるようになったら裏返して中まで火を通します。

ソース、粉海苔。かつおぶし、マヨネーズをかけていただ
きます

 

キャベツとウインナーのスープ

材料(2人分)

・キャベツの葉      2枚
・玉ねぎ         1/2コ
・ウィンナー       3本
・洋風スープの素     大匙1
・粗びき黒胡椒      適宜
・サラダ油        適宜

作り方
 1 
玉ねぎは千切り、キャベツは食べやすい大きさにカ
ットします。

 2 
フライパンに油を熱し玉ねぎを透明になるまで炒め
ます。

 3 
鍋に水とスープの素を入れ火にかけます。

 4 
沸いたら火を弱めウィンナーを入れます。

 5 
ウィンナーに火が通ったらキャベツを入れしんな
りしたら火を止め胡椒を振ります。

 

ポンサードリンク




 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スムージーなどに利用されます。オレンジには美肌・美白効果や風邪予防効果のあるビタミンCや疲れ予防に効果的なクエン酸などが豊富に含まれています。
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは! | 健康習慣
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」ですがどんな 効能や効果があるのでしょうか?
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツに含まれるポリフェノール類のナリンギンやアピゲニンには抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を除去することでアンチエイジング効果が期待されています。またグレープフルーツにはビタミンCも豊富に含まれておりコラーゲンの生成を助
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュには大根と同じくジアスターゼが含まれており消化を助ける働きがあります。またビタミンCが豊富に含まれ美肌効果や風邪予防などに効果的です。
タイトルとURLをコピーしました