カリフラワーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  カリフラワーの旬は

カリフラワーは冬の寒い環境でよく育つため旬は
冬から初春にかけてです。

  カリフラワーに含まれるの栄養成分

・ビタミンC
・ビタミンB6
・葉酸
・カリウム
・パントテン酸

カリフラワーの栄養効果

カリフラワー( Cauliflower)は頂花蕾を食用に
する淡色野菜で、ビタミンCが豊富に含まれてい
るため、風邪予防やアンチエイジング効果が期待
されるほかカリウムも豊富でむくみ予防などにも
効果的です。

その他にもカリフラワーには

● 高血圧予防
● 疲労回復
● ダイエット効果
● 肌荒れ防止
● 紫外線予防効果
● むくみ予防
● 整腸作用

などの効能が期待されています。

 

  カリフラワーの選び方

カリフラワーを選ぶコツはずっしりと重いものきれ
いに盛り上がっているもの茶色に変色してないもの
を選びましょう。

 

  カリフラワーの保存方法

カリフラワーの保存方法乾燥を避けるようラップで
包み野菜室に保存するか、茹でてからジップ袋など
に入れ冷凍室で保存します。組海

 

スポンサードリンク




 

  カリフラワーのゆで方

 1 
下の茎の部分を切り離し小房に分けます。

 2 
鍋に湯を沸かし酢を入れてカリフラワーを入れ
固めにゆでます。

 3 
ざるにあげ水でさらさずそのまま自然に冷まします。

(酢を入れることで白くきれいに仕上がります)

 

  カリフラワーを使った簡単レシピ

カリフラワーサラダ

材料(2人分)
カリフラワー
ブロッコリー
マヨネーズ

作り方
 1 
カリフラワーとブロッコリーは小房に分けて茹でます。

 2 
器に盛り付けマヨネーズと酢を混ぜ合わせたドレッシ
ングをかけます。

カリフラワースープ

材料(2人分)
カリフラワー 1/2個
玉ねぎ       1/4
じゃが芋      1個
塩         少々
黒コショウ     適宜
水         カップ1
牛乳        200㏄
顆粒コンソメ    小匙1

作り方
 1 
カリフラワーは子房に分け玉ねぎは薄切りにじゃが
芋は薄い千切りにします。

 2 
鍋に水を入れカリフラワー、じゃが芋、玉ねぎ、コン
ソメを入れ柔かく煮ます。

 3 
飾り用にカリフラワーを少し取り出しておきます。
鍋に牛乳を加え材料をつぶしながら弱火で温め塩で味
を調えます。

 4 
器に盛り黒コショウを振り残しておいたカリフラワー
を飾ります。

カリフラワー入り温野菜

材料(2人分)
カリフラワー
ブロッコリー

ディップ
・アボカド     1個
・マヨネーズ    大匙1
・ニンニクの絞り汁 小匙1/2
・塩、こしょう   適宜

作り方
 1 
カリフラワーを小房に切り茹でます。

 2 
器に盛り付けディップを添えます。

ディップの作り方
 1 
アボカドは、半分に割手からスプーンなどで実をくり
ぬき潰します。

 2 
マヨネーズ、ニンニクの絞り汁、塩胡椒を入れ混ぜ合
わせます。

 

スポンサードリンク



 


 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「碁石茶」の効果・効能 | 健康習慣
沸騰ワード10などメディアでも何回か取り上げられた 話題の高知名産の発酵茶「碁石茶」。 碁石茶は高知県の大豊町の山地で江戸時代から伝わる 秘伝のお茶です。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子にはDHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは体内で作ることができません。DHAやEPAには抗アレルギー作用や血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防などの効果がも期待されます。また肥満の予防にも役立ちます。
タイトルとURLをコピーしました