からし菜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  からし菜の旬は

からし菜は葉に辛みがあり種子から辛子が作られます。
ピリッと辛いのが特徴です。
からし菜は冬野菜で旬は冬から初春にかけてです。

 

  からし菜に含まれるの栄養成分

・カリウム
・カルシウム
・β―カロテン
・葉酸
・ビタミンK
・ミネラル

 

  からし菜の栄養効果

からし菜にはカリウムが豊富に含まれており体内の
余分なナトリウムを排出する作用があるため高血圧
予防に効果的です。
またカロテンも豊富なため髪や皮ふ視力を健康に保
ちアンチエイジング効果も期待されます。

その他にもからし菜には

● 骨を丈夫に保つ
● 生活習慣病予防
● 老化予防
● 骨粗しょう症予防
● 視力維持

などの効能が期待されています。

 

  からし菜の選び方

からし菜を選ぶ際は持ってみて葉先までピンと立って
いるもの、緑が濃いもの葉の一部が茶色く変色してい
ないもの、切り口が新鮮なものを選びましょう。

 

  からし菜の保存方法

からし菜の保存方法は葉先が乾燥すると茶色く変色し
てきますので湿らせた新聞紙などに包んで野菜室で立
てて保存します。
すぐに使えないときはさっとゆでて絞りジップ袋など
に入れて冷凍保存します。

 

スポンサードリンク




 

  からし菜を使った簡単レシピ

からし菜とちりめんじゃこのふりかけ

材料(2人分)
からし菜    1把
ちりめんじゃこ 150g
白ゴマ 大匙1
ゴマ油 大匙1

作り方
 1 
からし菜はさっとゆでて絞りみじん切りにします。

 2 
フライパンに油をしきちりめんじゃこを入れ弱火で焦
がさないよう茶色くなるまで炒めます。

 3 
からし菜、白ゴマを加えさらに混ぜながらパラパラに
なるまで炒めます。

からし菜の漬物

材料(2人分)
からし菜        2把
塩           適宜
鷹の爪         1本

作り方
 1 
からし菜は洗って水けを取り即席漬物機に入れます。

 2 
塩を振り鷹の爪も入れて一晩漬けこみます。

からし菜おにぎり

材料(2人分)
からし菜の漬物    適宜
ごはん        おむすび4個分
白ゴマ        大匙2
醤油         小匙2

作り方
 1 
からし菜の漬物は洗って絞りみじん切りにします。

 2 
ボールにごはん、からし菜の漬物、醤油を入れ混ぜ
合わせます。

 3 
4等分して握ります。

スポンサードリンク



 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干ししめじの作り方ともどし方
秋の味覚しめじは美味しくて安価で主婦の味方のキノコですが冷蔵庫に入れておいてもカビが発生したり保存が難しいので大量にあるときは天日干しにしましょう。太陽の恵みをたっぷり受けたしめじはビタミンDも豊富になります。
健康茶「あずき茶」の効能と効果 | 健康習慣
ポリフェノールがいっぱいの女性に嬉しい健康茶 あずき茶の効能・効果について 調べてみました。 あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や 羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られ ており日本人にはとてもなじみの深いものです。 あずきこのあずきを煎って煮だして飲むものです。 あずき茶の成分 タン...
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ラ・フランスには活性酸素を抑える抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEが含まれており、免疫力を高める働きにより美肌効果や老化予防に役立ちます。また食物繊維も豊富に含まれているため便秘解消や肥満防止にも効果的です。
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
アミとは小型の甲殻類でオキアミとは違います。アミにはタウリン、やカルシウムが豊富に含まれており骨粗しょう症予防や、コレステロールを低く抑える働きがあるほか、ビタミン類も豊富で生活習慣病予防やアンチエイジング効果も期待されます。

 

タイトルとURLをコピーしました