落花生の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

秋野菜
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

落花生(ラッカセイ)とは

落花生は南アメリカを原産とするマメ亜科ラッカセイ属の一年草でピーナッツとも呼ばれています。
日本では千葉県のピーナッツが有名でおつまみや料理、お菓子などに利用されています。

 

落花生の旬は

落花生輸入ものが多いですが日本では千葉県が有名です。
落花生の旬は秋です。

 

落花生に含まれるの栄養成分

・オレイン酸
・リノール酸
・ビタミンE
・ナイアシン
・タンパク質
・ミネラル
・葉酸

 

落花生の栄養効果

落花生には特にオレイン酸やリノール酸が特に豊富に含まれておりコレステロールを押さえら働きからダイエット効果に役立つほか、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含まれておりアンチエイジング効果が期待されます。

その他にも落花生には

● 老化予防
● 二日酔い予防
● 美肌効果
● 血行を良くする
● 生活習慣病予防
● 肥満防止

などの効能が期待されています。

 

落花生の選び方

落花生を選ぶ際はカサがきれいすぎる若いものでしかも大きくなりすぎてないものを選びます。

 

落花生の保存方法

落花生は不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。
酸化をふせぐため密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。

 

スポンサードリンク




 

落花生を使った簡単レシピ

 

ピーナッツバターの作り方

材料
ピーナッツ 100g
砂糖       大匙1
無塩バター    30g
塩        少々

作り方
 1 
ピーナッツは薄皮を剥き固い部分を除きます。

 2 
ピーナッツをフードプロセッサーにかけペースト状にします。

 3 
ピーナッツと常温に戻したバター、塩、砂糖を混ぜ合わせます。

 4 
清潔な瓶に入れ保存します。

 

さやいんげんのピーナッツ和えの作り方

材料(2人分)
さやいんげん 100g
ピーナッツ    大匙1
砂糖 小匙1
醤油 小匙1

作り方
 1 
いんげんは茹でて水にとり絞って4~5㎝に切ります。

 2 
ピーナッツはすり鉢で摺ります。

 3 
ボールにピーナッツ、砂糖、醤油を混ぜ合わせいんげんを加えて和えます。

 

みそピーナッツの作り方

材料(2人分)
ピーナッツ   100g
サラダ油    適宜

調味料
・酒     大匙1
・味醂    大匙1
・蜂蜜    大匙1
・砂糖    大匙1
・みそ    大匙1

作り方
 1 
調味料を混ぜ合わせみそを作っておきます。

 2 
フライパンに油を熱しピーナッツを香ばしく炒めます。

 3 
合わせみそを入れ焦がさないよう練り上げます。

 

スポンサードリンク




 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
オレンジ(orange)は、インドのアッサム地方を原産とする ミカン科ミカン属の常緑小高木になる果実です。 フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スム ージーなどに利用されます。
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミ ンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。 ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは!
グァバ茶は、ジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」の一つです。 グァバは、ふともも科バンジロウ属の亜熱帯性植物で、葉と果実が加工されたものがグァバ茶です。
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類の一種で ピンクグレープフルーツは果肉がピンク色「ルビー」という の品種です。 ピンクグレープフルーツは酸味が弱く甘いので生食に 向いています。
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュは、アブラナ科ダイコン属の植物で和名 はハツカダイコン大根です。 小さな赤い球形の根をつけ、巻いてから20日くらいで収穫 できることからこの名で呼ばれています。 主に酢漬けやサラダなどで生食されます。

タイトルとURLをコピーしました