茄子の栄養・効能・レシピ・選び方・保存法

夏野菜
Pocket

  旬の野菜をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野
菜が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる野菜を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  茄子の旬は

なすの旬は、7月~9月の夏野菜です。
昔から「秋茄子嫁に食わすな」と言われますが9月頃
を指す格言と言われています。

ハウス栽培で一年中手に入るが、本来は代表的な夏野菜。

 

  茄子の栄養成分

・ナスニン
・クロロゲン酸
・βカロテン
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンK
・ミネラル
・食物繊維

 

  茄子の栄養効果

なすは日本人にとって慣れ親しんだ食卓によく上る夏
野菜の一つです。
茄子にはポリフェノールの成分であるクロロゲン酸が
含まれているため抗酸化作用があり活性酸素や過酸化
脂質の生成をおさえる働きがあるため、老化を遅らせ
る効果が期待されます。

またナスニンという成分にも抗酸化作用がありコレス
テロールの上昇を抑える働きもあります。

その他にも茄子には

● 動脈硬化の予防
● 消炎作用
● 肥満防止
● 整腸作用
● 眼精疲労改善
● 夏バテ予防
● 生活習慣病予防
● 炎症抑制

などの効能が期待されています。

  茄子の選び方

茄子は濃い紫色で艶のあるものへたがしおれて
ないもの切り口が瑞々しいものを選びましょう。

  茄子の保存方法

乾燥に弱い野菜ですので早めに食べきるかジップ袋
などに入れて野菜室で保管しましょう。

 

スポンサードリンク




 

  茄子を丸ごと使った簡単レシピ

焼きなす

材料(2人分)
茄子    2本
生姜    1カケ

作り方
 1 
茄子は包丁で縦に軽く切れ目を入れグリルで両面を
皮に焦げ目がつくくらいしっかり焼きます。

 2 
ヘタの部分から皮をはいでいきます。よく焼けてい
たら簡単に剥けます。

 3 
皿に盛り付け絞った生姜をそえます。

茄子の味噌汁

材料(2人分)
茄子    1/2本
豆腐    適宜
みそ  大匙2(お好みで)
ネギ    1/2本
水     350cc
ほんだし  小さじ1強

作り方
 1 
茄子は縦半分に切ってから薄く半月切りにし水にさ
らします。

 2 
鍋に水と本田氏を入れ沸騰させてから茄子を入れま
す。

 3 
あらかた茄子に火が通ったら 豆腐を入れ合わせみ
そを入れてひと煮立ちさせます。

 4 
器に盛ってねぎを散らします。

茄子の天婦羅

材料(2人分)
茄子    小4本
天婦羅粉
揚げ油

天つゆ
・水    2
・醤油   1
・味醂   1
・鰹節   6g~8g

作り方
 1  
なすは洗って水にさらします。

 2 
縦半分に切りヘタより下に切り目を入れます。

 3 
天ぷら粉をつけ揚げていきます。

 

天つゆの作り方
 1 
つゆの材料全てを小鍋に入れ火にかけます。

 2 
沸いたら濾して大根おろしを添えます。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スムージーなどに利用されます。オレンジには美肌・美白効果や風邪予防効果のあるビタミンCや疲れ予防に効果的なクエン酸などが豊富に含まれています。
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「グァバ茶」の効能・効果とは! | 健康習慣
グァバ茶はジュースとしても人気があり日本でもよく知られている「健康茶」ですがどんな 効能や効果があるのでしょうか?
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツに含まれるポリフェノール類のナリンギンやアピゲニンには抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を除去することでアンチエイジング効果が期待されています。またグレープフルーツにはビタミンCも豊富に含まれておりコラーゲンの生成を助
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュには大根と同じくジアスターゼが含まれており消化を助ける働きがあります。またビタミンCが豊富に含まれ美肌効果や風邪予防などに効果的です。
タイトルとURLをコピーしました