チョコレートの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬の果物
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

チョコレートとは

チョコレートは、カカオの豆を発酵し、焙煎したものに砂糖やココアなどを混ぜて、食用に固めたものです。
初めは飲み物でしたが、イギリス人によって固めてお菓子として食する方法が考案されました。

 

カカオの旬は

チョコレートの元となるカカオ豆の旬は産地によって異なりますが、ガーナでは初夏と秋に収穫されます。
収穫サレタカカオは、選別、焙煎されてから輸送されます。

チョコレートの主な栄養成分

・カカオポリフェノール
・テオブロミン
・食物繊維
・ミネラル
・カテキン
・アナンダミン

 

チョコレートの栄養効果

チョコレートに豊富に含まれるカカオポリフェノールには高い抗酸化作用がありアンチエイジング効果や生活習慣病予防、美肌効果も期待されます。
またチョコレート高カロリーながら脂肪分を分解するリパーゼを抑える働きがあります。

その他にもチョコレートには

● 美肌効果
● 動脈硬化予防
● 血圧低下
● 疲労回復
● ストレス緩和
● 便秘解消
● アレルギー改善
● 抗菌作用
● リラックス効果

などの効能が期待されています。

 

チョコレートの選び方

チョコレートは安価なものから高級なものまでピンキリですが表示に注意し砂糖が入りすぎていないもの、カカオが65%以上のものを選びましょう。

 

チョコレートの保存方法

チョコレートは高温多湿を避ければ常温保存できますが熱くなると表面が溶けて白くなるブルームが起こってしまいます。
食べても害はありませんが味が落ちてしまいますので夏場は冷蔵庫に入れましょう。

 

スポンサードリンク




 

チョコレートを使った簡単レシピ

ホットチョコレート

材料(1人分)
牛乳                         200cc
ミルクチョコレート      大匙1

作り方
 1 
小鍋に牛乳と刻んだミルクチョコレートを
入れ混ぜながら溶かしていく。

 2 
マグカップに注ぐ。

 

簡単チョコプリン

材料
牛乳      200cc
マシュマロ   50g
チョコレート  大匙2
バナナ     適宜

作り方
 1 
小鍋に牛乳、マシュマロ、チョコレートを
入れ沸騰させないように温める

 2 
そのまま粗熱を取り冷めたら一度濾してから
ココットに入れ冷蔵庫で冷やし固める。

 3 
バナナの輪切りを載せる。

 

ホットケーキミックスで作る 簡単チョコレートカップケーキ

材 料(5コ)
ホットケーキミックス    100g
無塩バター         50g
グラニュー糖        40g
卵             1個
牛乳            50㏄
ココアパウダー       大匙2
チョコレート        大匙1
チョコチップ        40g

作り方
 1 
レンジで無塩バターとチョコレートを溶かす。

 2 
ボールに卵を割り入れ、牛乳とチョコレートを
混ぜ合わせる。

 3 
③にホットケーキミックスとココア、チョコ
チップを入れざっくりまぜあわせる。

 4 
カップに流し込み180度に熱したオーブンで
15分~20分焼く。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーは、アメリカ合衆国西海岸を原産と する薔薇化サクラ属の実(サクランボ)です。 アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケ ルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含 まれています。
ハーブ「チャイブ」の淹れ方や、効能、育て方
チャイブとはチャイブ茶に利用するチャイブ(Chives)はアメリカやユーラシア大陸原産のネギ属の多年草で別名セイヨウアサツキとも呼ばれています。ビタミンCやカロテンを豊富に含み栄養価が高いことでも知られています。チャイブ茶の主な有効成分・ビ
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットやアンチエイジングなどの効能があるということで知られています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。
タイトルとURLをコピーしました