ヤマモモの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ヤマモモの旬は

ヤマモモ酒の作り方の主な有効成分と効果・効能

ヤマモモ(山桃)とは、ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑
樹になる果実です。
果実は甘酸っぱく、生食されるほか、リキュールやジ
ャムなどに利用されています。
ヤマモモの旬は初夏です。

 

  ヤマモモに含まれるの栄養成分

・クエン酸
・アントシアニン
・ブドウ糖
・ビタミンC
・β―カロテン
・食物繊維
・カリウム
・葉酸

 

  ヤマモモの主な栄養効果・効能

ヤマモモの酸味はクエン酸によるもので疲労回復に役
立つほか、眼精疲労を緩和するアントシアニンや老化
や生活習慣病を予防する抗酸化作用のあるβ―カロテ
ンやビタミンE、ビタミンB群、ミネラルなどの豊富
な栄養素が含まれています。

その他にもヤマモモには

● 老化予防
● 美肌効果
● 利尿作用
● むくみ予防
● エネルギー補強
● 生活習慣病予防
● 疲労回復
● 粘膜・肌の健康を保つ
● 殺菌作用

などの効能が期待されています。

 

  ヤマモモの選び方

ヤマモモを選ぶ際は粒がきれいで全体的に色づき汁など
が出ていないものを選びましょう。

 

  ヤマモモの保存方法

ヤマモモは日持ちがしません。手に入れたらすぐに食べ
きりましょう。

 

スポンサードリンク




 

  ヤマモモを使った簡単レシピ

ヤマモモジュース

材料
ヤマモモ        500g
砂糖          150g
レモン汁        大匙2
水           適量

作り方
 1 
ヤマモモはよく洗いごみや汚れを取りざるにあげます。

 2 
鍋にヤマモモと砂糖を入れひたひたになるくらいの水
を入れ火にかけます。

 3 
アクをとりながら煮てレモン汁を加え火を止めそのまま
冷まします。

 4 
粗熱が取れたら濾してから冷やします。

 

ヤマモモ酒

材料
山桃                                   600g
ホワイトリカー              1000ml
氷砂糖                              200g

作り方
 1 
ヤマモモは汚れなどを取りのぞき、きれいに洗って水分
をふき取ります。

 2 
消毒済の瓶にヤマモモ、氷砂糖を入れホワイトリカー
を注ぎます。

 3 
直射日光の当たらない涼しいところに保存し1か月くらい
経ったら実を取り除き濾します。

 4 
さらに熟成させ3か月めくらいからが飲み頃です。

 

ヤマモモジャム

材料
ヤマモモ     500g
砂糖       200g
レモン汁     大匙1

作り方
 1 
ヤマモモは埃を取り除き2~3回よく水洗いしザルにあげ
ます。

 2 
鍋にヤマモモを入れひたひたの水を入れて火にかけます。

 3 
ヤマモモが柔らかくなったらザルで濾します。
へらなどで実をつぶし取り除きます。

 4 
種を取り除いた実と濾した果汁と砂糖を入れ火にかけま
す。

 5 
沸いたら火を弱めアクをとり煮詰めていきます。

 6 
ほどよいとろみがついたら火からおろし煮沸消毒済の瓶
に詰めます。

 7 
逆さにして密封し冷めたら冷蔵庫で保存します。

 

スポンサードリンク




 

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「かりん茶」の効果・効能 | 健康習慣
かりん茶に使用するかりんは中国が原産のバラ科の 落葉高木です。 かりん茶の主な有効成分 ・タンニン ・サポニン ・食物繊維 ・カリウム ・β-カロテン ・ビタミンC ・アミダグリン ・トリテルペン化合物 ・ポリフェノール ・クエン酸 ・リンゴ酸 ・ペクチン かりん茶の効果・効能 ■むくみ予防 かりん茶に含まれるカリウム...
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/kazunoko-wasabidzuke
タイトルとURLをコピーしました