スグリの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  スグリの旬は

スグリはスグリ科スグリ属の落葉低になる果実でグーズ
ベリーとも呼ばれています。
生でも食べることができますが主にジャムやゼリーなど
に加工されています。
ラズベリーの旬は初夏から夏にかけてです。

 

  スグリに含まれるの栄養成分

・カシスポリフェノール
・アントシアニン
・ビタミンC
・ビタミンK
・ミネラル
・クエン酸

 

  スグリの主な栄養

スグリに含まれるポリフェノール類のアントシアニン
には強い抗酸化作用があり体のさびを防止するアンチ
エイジング効果が期待されます。

またグレープフルーツの3倍ものビタミンCを含んで
おりコラーゲンの育成を促し、メラニン生成を抑制す
ることで肌トラブルの予防にも役立ちます。
スグリの強い酸味はクエン酸によるもので疲労回復効
果があります。

その他にもスグリには

● 血流改善
● 毛細体筋弛緩
● 冷え性緩和
● 肩こり緩和
● 眼精疲労改善
● 動脈硬化予防
● 白内障予防
● 緑内障予防
● インフルエンザの予防

などの効能が期待されています。

 

  スグリの選び方

スグリを選ぶ際は実がつややかな光沢があり枝にしっ
かりついているものを選びましょう。

 

  スグリの保存方法

スグリの保存は乾燥を防ぐため紙の袋やパックなどに
入れ野菜室で保存します。

 

スポンサードリンク




 

  スグリを使った簡単レシピ

スグリヨーグルト

材料(2人分)
スグリ          16個
蜂蜜           大匙1
プレーンヨーグルト    400㏄

作り方
 1 
プレーンヨーグルトに蜂蜜を混ぜ合わせます。

 2 
器に盛り付け洗ったスグリの実をのせます。

スグリティー

材料(2人分)
スグリティーのティーバッグ  2個
蜂蜜             適宜

作り方
 1 
ポットにスグリティーのティーバッグを入れティー
カップ2杯分の熱湯を注ぎます。

 2 
蓋をしたまま5分ほど蒸らします。

 3 
カップに注ぎお好みではちみつを加えます。

スグリジャム

材料
スグリ     300g
グラニュー糖  150g
レモン汁    大匙1

作り方
 1 
スグリはきれいに洗って水分をキッチンペーパーな
どでふき取ります。

 2 
ボールにスグリを入れ砂糖をまぶして一晩おきます。

 3 
水が出てきますのでそのまま火にかけアクを取りなが
ら15分ほど煮詰めます。

 4 
レモン汁を加え火を止めて煮沸消毒した清潔な瓶に保
存します。

 

スポンサードリンク





こちらの記事もおすすめ

あけびジャムの作り方と保存方法
アケビにはビタミンB群やビタミンC、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、美肌効果、免疫力向上、疲労回復効果、便秘解消などの効能が期待されています。
ハーブティー「フラックスティー」の効果・効能
フラックスは、中央アジアを原産とするアマ科の一年草で日本ではアマ(亜麻)またはアマニ(亜麻仁)と呼ばれています。草の丈は1mにもなり淡いブルーの美しい花を咲かせます。茎からリネン(繊維が)ゴマに似た種からは亜麻仁油が取れます。ハーブティーに
干し芋の作り方ともどし方
干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消やアンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待されています。干し方はいたってシンプル蒸して干すだけなので是非試してみましょう。
健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能 | 健康習慣
ヤマモモの葉に用いるヤマモモはヤマモモ科の 常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ6月ごろに 濃い赤色の果実をつけます。
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ナタマメが歯周病予防と蓄膿予防に効果的であるとして近年注目されています。これはナタマメに含まれるカナバニンという物質に血行促進作用がありコンカナバリンAには膿を出す効果がみられるためです。コンカナバリンA・カナバリンは免疫を正常化する作用が
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュには大根と同じくジアスターゼが含まれており消化を助ける働きがあります。またビタミンCが豊富に含まれ美肌効果や風邪予防などに効果的です。
タイトルとURLをコピーしました