梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

秋の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  梨の旬は

ナシ(梨)は、中国を原産とするバラ科ナシ属の落葉
高木になる果実です。
ジューシーな果実は生食で食べられるのはもちろん、ケ
ーキ缶詰、スムージーなどでも利用されます。
梨の旬は秋です。

 

  梨に含まれるの栄養成分

・アスパラギン
・ソルビトール
・ビタミンC
・カリウム
・ナトリウム
・カルシウム

 

  梨の主な栄養効果・効能

梨の成分はほとんどが水分ですが、疲労回復に効果のあ
るアスパラギンや、解熱効果のあるソルビトール、むく
み予防に役立つカリウムなどが含まれています。

その他にもに梨は

● 風邪予防
● 解熱効果
● むくみ予防
● 利尿作用
● 美肌効果
● 美白効果

などの効能が期待されています。

 

  梨の選び方

梨を選ぶ際は持った時にずっしり重いもの、表面につ
やがあり芳香のよいもの、傷がないもの、軸の部分が
枯れてないものを選らいましょう。

 

  梨の保存方法

梨はビニール袋などに入れ野菜室で保存しましょう。

 

スポンサードリンク




 

  梨を使ったレシピ

梨酒

材料
梨                   2個
ホワイトリカー(35度)        1000ml
氷砂糖                 100g

作り方
 1 
梨は皮を剥きくしに切り芯を取り除きます。

 2 
アルコール消毒済の瓶に梨、氷砂糖を入れホワイトリカー
を注ぎます。

 3 
直射日光の当たらない場所に保管し2か月で実を取り出しま
す。

 4 
さらに熟成させて3か月くらいから美味しく飲めるようにな
ります。

 

梨スムージー

材料(2人分)
マンゴー    1/2コ
梨          1/2コ
リンゴ     1/4コ
水        50㏄
ミント      適宜

作り方
 1 
マンゴー、梨、りんごは適当な大きさにカットし
ます。

 2 
すべての材料をミキサーにかけます。

 3 
グラスにうつしミントの葉を飾ります。

 

梨ジャム

材料
梨          正味500g
グラニュー糖     200g
レモン汁       大匙2

作り方
 1 
梨はきれいに洗っていちょう切りにします。

 2 
ボールに梨を入れレモン汁をかけて混ぜ合わせ砂糖
を加えて一晩おきます。

 3 
水分が出たらそのままアクを取りながら煮詰めていき
好みの固さよりやややわらかめのところで火を止めま
す。
(冷めるとややかたまるため)

 4 
煮沸消毒した瓶に保存します。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
切り干し大根の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶 に用いるヤマモモはヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。  ヤマモモの葉茶の主な有効成分・トリテルヘノイド・ミリセチン・タンニン・クエルシトリン・ミルシトリン・フラボノール  ヤマモモ
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました