パパイヤの主な有効成分と効果・効能

夏の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  パパイヤの旬は

パパイア(papaw)は、メキシコ南部から西インド諸島を原産
とするパパイア科パパイア属の常緑小高木の果実です。

トロピカルなムード漂うパパイアの実は生食のほか、ドライ
フルーツやジュースジャムなどに加工されて利用されます。
日本産パパイアの旬は初夏頃です。

 

  パパイヤに含まれるの栄養成分

・イソチオシアネート
・ビタミンA
・ビタミンC
・β―カロテン
・ビタミンB
・カリウム
・カルシウム
・食物繊維
・葉酸

 

  パパイヤの主な有効成分と効果・効能

パパイヤにはみかんに匹敵するビタミンCを豊富に含
み疲労回復効果や美肌効果が期待されます。
またパパインという酵素が含まれておりタンパク質を
分解する作用によって消化吸収を助けてくれます。

またパパイヤに含まれるイソチオシアネートは解毒効
果があると言われています。

その他にもパパイヤには

● 風邪予防
● アンチエイジング効果
● 便秘解消
● 利尿作用
● 生活習慣病予防
● 解毒作用
● 皮膚や粘膜を正常に保つ
● 美白効果

などの効能が期待されています。

 

  パパイヤの選び方

パパイヤを選ぶ際は手に取りづっしりと重みのある
もの表面に傷がなくつややかなものを選びましょう。

 

  パパイヤの保存方法

パパイヤは追熟できます。青いものは紙袋などに包
んで常温保存しましょう。
黄色く熟れたものは紙袋などに包んでビニールに入
れ野菜室に入れましょう。

 

スポンサードリンク




 

  パパイヤを使った簡単レシピ

パパイヤ酒

パパイヤ            500g
ホワイトリカー(35度)       1000ml
氷砂糖          100g

作り方
 1 
パパイヤは綺麗に洗ってキッチンペーパーなどで丁寧に
水分をふき取ります。

 2 
皮付きのまま縦に4等分します。

 3 
アルコール消毒済の瓶にパパイヤ、氷砂糖を入れホワイ
トリカーを注ぎます。

 4 
直射日光の当たらない場所に保管し2か月で実を取り出し
濾します。

 5 
さらに熟成させ3か月くらいから美味しく飲めるようにな
ります。

 

パパイヤジャム

材料
完熟パパイヤ      500g
砂糖          250g
レモン汁        大匙1

作り方
 1 
完熟パパイヤの実を細かくサイコロに切ります。

 2 
鍋にパパイヤと砂糖を入れ暫くおきます。

 3 
水分が出てきたら火にかけます。

 4 
あくを取り焦がさないようまぜレモンを加えます。

 5 
さらに煮詰めほど良いとろみがついたら火をとめ煮沸消毒
済の瓶に詰め冷めてから冷蔵庫で保存します。

 

パパイヤフレッシュジュース

材料(2人分)
パパイヤ      1/3個
オレンジジュース  200㏄
豆乳        200㏄
蜂蜜        大匙1
レモン汁      大匙1/2

作り方
 1 
パパイアヤは皮を剥き適当な大きさに切ります。

 2 
すべての材料をミキサーにかけます。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおすすめです。
健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能 | 健康習慣
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで 独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットや アンチエイジングなどの効能があるということで知られ ています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
タイトルとURLをコピーしました