ナツメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ナツメの旬は

ナツメ(棗)は、西アジアを原産とするクロウメモドキ
科の落葉高木になる果実です。

実はドライナツメとしてお菓子などに使われるほかジャ
ムなどに加工されています。
ナツメの旬は夏から秋にかけてです。

 

  ナツメに含まれるの栄養成分

・ベーターカロテン
・ナイアシン
・ビタミンB2
・パントテン酸
・カリウム
・ミネラル
・食物繊維
・葉酸

 

  ナツメの主な栄養効果・効能

ナツメには体を温める効果があると言われており古く
から生薬としても利用されてきました。
ナツメには血流をよくするビタミンPやサポニンや食
物繊維が豊富に含まれるており冷え性改善や便秘解消
など女性にはうれしい効能も期待されます。

その他にもナツメには

● 滋養強壮効果
● 利尿作用
● 疲労回復
● 肌荒れ改善
● 鎮痛作用
● 免疫力を高める
● アンチエイジング効果
● 鎮静作用
● 不眠解消

などの効能が期待されています。

 

  ナツメの選び方

ナツメを選ぶ際は表面につやがあり、傷のないもの
を選びましょう。

 

  ナツメの保存方法

 

ナツメを保存する際は乾燥を避けるため紙袋やパッ
クなどにつつんで野菜室に入れましょう。

 

スポンサードリンク




 

  ナツメを使った簡単レシピ

ナツメ酒

 

材料
乾燥なつめ    200g
氷砂糖      200g
ホワイトリカー  1000ml

作り方
 1 
乾燥ナツメは包丁でいくつかに刻みます。

 2 
アルコール消毒済の瓶になつめと氷砂糖を入れホワイト
リカーを注ぎます。

 3 
冷暗所に置き熟成させます。

 4 
1か月ごろからがのみごろです。

 

ナツメのジャム

材料
生なつめ    200g
砂糖      100g
レモン汁    大匙1

作り方
 1 
鍋になつめとなつめがつかるくらいの水を入れて火に
かけます。

 2 
柔らかくなったら火を止め粗熱を取ります。

 3 
煮汁はそのままに身を取り出しつぶして種を取り除き
ます。

 4 
なつめを鍋に戻し砂糖を加えて煮詰めます。

 5 
レモン汁を加え火からおろして煮沸消毒した清潔な瓶
に保存します。

◆ジャムは冷めると固くなる傾向があります。
ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょ
う。

 

ナツメ茶

作り方
 1 
熟する前の果実を採取します。

 2 
きれいに洗って蒸してから日干しします。

 3 
乾燥したら出来上がりです。

淹れ方
 1 
ポットにナツメ茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

 2 
5分から7分ほど蒸らしてからいただきます。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライみかんの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶 に用いるヤマモモはヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。  ヤマモモの葉茶の主な有効成分・トリテルヘノイド・ミリセチン・タンニン・クエルシトリン・ミルシトリン・フラボノール  ヤマモモ
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました