びわの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

夏の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  びわの旬は

びわ(枇杷)は、中国南西部を原産とするバラ科の常緑
高木になる果実で日本では四国や九州などに自生してい
ます。
びわの旬は春から初夏にかけてです。

 

  びわに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンA
・ビタミンC
・カリウム
・カルシウム
・食物繊維
・葉酸

 

  びわの効果・効能

ビワには体の粘膜を保護するβ―カロテンや老化防止に
役立つ抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールの
ほか美肌効果のあるビタミンCや疲労回復効果があると
言われるクエン酸などが含まれており栄養価の高い果
です。

その他にもびわには

● 視力維持
● 髪の毛や粘膜を正常に保つ
● 呼吸器を保護
● 老化予防
● 鎮痛効果
● 便秘解消
● 風邪予防

などの効能が期待されています。

 

  びわの選び方

ビワを選ぶ際は緑の部分が残っておらず全体が黄色に色
づいているもの、産毛のあるもの軸が新しくしっかりし
ているものを選びましょう。

 

  びわの保存方法

びわは冷蔵庫などでの保存が効かない果物です。
早めに食べきるかジャムなどに加工しましょう。

 

スポンサードリンク




 

  びわを使った簡単レシピ

びわ酒

材料
びわ       600g
レモン      2個
ホワイトリカー  1000ml
氷砂糖      200g

作り方
 1 
ビワはヘタを取り除き流水でよく洗ってキッチンペーパー
などで水分をしっかりふき取ります。

 2 
レモンは洗って皮を厚めに向き(実がみえるくらい)輪切
りにします。

 3 
アルコール消毒済に瓶にビワレモン氷砂糖を入れ
ホワイトリカーを注ぎます。

 4 
冷暗所に置き熟成させます。

 5 
1か月ぐらいから飲めます。

びわジャム

材料
ビワ 500g
グラニュー糖 250g
レモン汁 大匙1

作り方
 1 
ビワは皮をむき種と薄皮を取り除き実を細かく刻みす。

 2 
ボールにビワと砂糖を入れラップをして一晩寝かせま
す。

 3 
鍋にビワを入れ火にかけあくを取りながら焦がさない
ように炒めていきます。

 4 
ほど良いとろみがついたらレモン汁を入れ火を止めま
す。

 5 
煮沸消毒した瓶に詰め逆さにして冷ましてから冷蔵庫
で保存します。

 

ビワの葉茶

材料
ビワの葉      適宜

作り方
 1 
ビワの葉は裏側の毛をきれいに落としてふき取ります。

 2 
オーブンに並べて180度のオーブンで役10分乾燥させま
す。

 3 
パリパリになったら手でもみほぐします。

 4 
お茶パックに入れてポットに入れお湯を注ぎます。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

ブラッドオレンジジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干し芋の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
健康茶「昆布茶」の効果・効能
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみが深く和風料理には欠かせない食材です。昆布茶 は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く健康茶として昔から飲まれてきました。  昆布茶の主な栄養素・海藻ミネラル・アルギン酸・ヨウ素・カルシウム・カリ
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
タイトルとURLをコピーしました