グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春の果物
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

グミ(胡頽子)とは

グミは、グミ科グミ属の植物で、果実が食用になります。
山野に自生し赤く熟した実は渋みと甘みと酸味があり、生食できます。

 

グミ(茱萸)の旬は

グミは新しい梢に黄色い花をつけ、小さな楕円形のサクランボのような赤い実をつけます。
グミの旬は春になる春グミと秋になる秋グミがあります。

 

グミ(茱萸)に含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンE
・ビタミンC
・カルシウム
・カリウム
・食物繊維
・葉酸

グミ(茱萸)の効果・効能

グミにはトマトと同じくリコピンが豊富に含まれコラーゲンの合成を助ける作用があり生活習慣病の予防にもつながります。
また体の酸化を防ぐ抗酸化作用があるため老化予防効果も期待されます。

その他にもグミ(茱萸)には

● 美肌効果
● 皮膚や粘膜を正常に保つ
● 老化予防
● 骨粗しょう症予防
● 生活習慣病予防
● 免疫力アップ
● 便秘解消

などの効能が期待されています。

 

グミ(茱萸)の選び方

グミ(茱萸)を選ぶ際は、実が熟して赤くなっているもの、実についている茎の緑が残っているものを選び、茶色に枯れたり、取れたりしていないものを選びましょう。

 

グミ(茱萸)の保存方法

グミ(茱萸)の保存方法は乾燥をさけビニール袋やパックなどに入れ野菜室で保存しましょう。

 

スポンサードリンク




 

グミ(茱萸)を使った簡単レシピ

ぐみ酒

材料
ぐみ                  600g
氷砂糖                100g
ホワイトリカー     1000L

作り方
 1 
ぐみは軸を取り洗ってざるにあげ水気をよく
ふき取ります。

 2 
保存瓶にぐみ、氷砂糖を入れホワイトリカー
を注ぎます。

 3  
冷暗所に保存し3か月くらい経過したら
ぐみを取り出し半年くらいからが飲み頃です。

グミジャム


材料
材料
グミ        500g
グラニュー糖    250g
レモン果汁     大匙2

作り方
 1 
グミはきれいに洗って水を切ります。

 2 
鍋にグミと砂糖を入れ暫くおきます。

 3 
水分がでてきたら火にかけ15分ほど煮ます。

 4 
いったん火からおろして種を取り除くため濾します。

 5 
もう一度鍋に戻してあくを取りながら木べらで
まぜ煮詰めていきます。

 6 
ほど良いとろみがついたら煮沸消毒済の瓶に
保存し粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

 

スポンサードリンク




 

こちらの記事もおすすめ

ブラッドオレンジジャムの作り方と保存方法
ブラッドオレンジは、オレンジの一種で、赤い果肉が 特徴でいくつか品種があります。 ブラッドオレンジの赤い色の成分はアントシアニンによ るものです。
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
健康茶「ナツメ茶」の効果・効能 | 健康習慣
ナツメ茶 に使用するナツメ(棗)はクロウメモドキ科のの落葉高木で、夏に芽を出すことからナツメと呼ばれています。秋には小さな果実をつけ乾燥させたものは生薬として利用されています。  ナツメ茶の主な有効成分・サポニン・ペクチン・オレアミド・ミネ
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
フキはキク科フキ属の多年草で、その花茎をフキノトウ と言います。 フキノトウは春を呼ぶ山菜としてよく知られています。 蕾の状態で採取されたふきのとうは香りがよくてんぷらや 佃煮として食されています。
おいしくて簡単「ザーサイ」の漬物を漬けてみよう!!
ザーサイはアブラナ科アブラナ属の野菜でからし菜の変種です。 茎の根元が肥しており葉と茎の肥大部が食用にされます。 茎は天日干しにした後漬物にされます。 葉は生野菜としてやはりお漬物にされることがほとんどです。
タイトルとURLをコピーしました