柿の効果・効能・レシピ・選び方・保存法

秋の果物

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の野菜が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  柿の旬は

柿はほぼ全国で栽培されています。下記の旬は秋です。

 

  柿に含まれるの栄養成分

・ビタミンC
・β-カロテン
・β-クリプトキサンチン
・ミネラル

 

  柿の主な栄養成分

柿に含まれるビタミンCには強い抗酸化作用があり
体の酸化を防ぐ働きによって老化や免疫力の向上や
老化を予防するアンチエイジング効果が期待されま
す。
さらにビタミンCにはコラーゲンの生成やしみや、
そばかすなど肌トラブルの原因となるメラミン色素
を無色化する働きもあるため、美肌効果、美白効果
が期待されます。

その他にも柿には

● むくみ防止
● 風邪予防
● 疲れ目軽減
● ストレス軽減
● 免疫力を高める
● 動脈硬化予防
● 腸内環境を整える
● 二日酔い予防
● コレステロール値を下げる

などの効能が期待されています。

 

  柿の選び方

柿を選ぶ際は形がきれいなもの、ヘタの付近まで色
づいているもの、ヘタが緑色のもの、傷がないも
を選びましょう。

 

  柿の保存方法

柿の保存方法は紙袋などにくるんで野菜室などに保存
します。

 

スポンサードリンク




 

  柿を使ったレピ

柿ジャム

材料
柿      300g
砂糖     150g
レモン汁   大匙1

作り方
 1 
柿は熟したものを使用します。
固い柿はリンゴと一緒に保存することで早く熟します。

 2 
熟した柿を洗って皮をむき種を取り除きます。

 3 
スプーンなどで実を潰します。

 4 
鍋に柿と砂糖を入れ火にかけます。

 5 
プツプツと沸いてきたら火を弱めアクを取りながら焦が
さないようにヘラでまぜながら煮詰めます。

 6 
ほどよいとろみがついたらレモンを入れ火を止めます。

 7 
粗熱が取れたら清潔な瓶などに保存します。

干し柿

材料
枝の部分がついた柿   お好みで(偶数個)
紐         柿の合計数の半分

作り方
 1 
枝の部分を残したまま柿の皮をむきます。

 2 
柿2個の枝と枝を紐の両端に結び2個で一対になるように
します。

 3 
鍋にお湯を沸騰させ柿をくぐらせてから軒下などの雨が当た
らない風通しのよい場所に重ならないよう並べて干します。

柿プリン

材料(2人分)
柿      1コ
牛乳     200㏄
ミントの葉  2枚
ゼラチン 3g

作り方
 1 
柿は皮をむき細かく切って牛乳と少量のお湯で溶かした
ゼラチンをミキサーにかけます。

 2 
容器に入れ冷蔵庫で固めます。

 3 
ミントの葉と柿を飾って出来上がりです。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

ブラッドオレンジジャムの作り方と保存方法
ブラッドオレンジの赤い色の成分はアントシアニンによるものです。オレンジ系でアントシアニンが含まれているのは珍しくまたビタミンCも豊富に含まれているため、ブラッドオレンジには風邪予防や美肌・美白効果のほか、抗酸化作用による老化予防や目の健康な
ハーブティー「セージティー」の効果・効能
セージ(Sage)は地中海を原産とするシソ科の多年草で日本ではヤクヨウサルビアとも呼ばれています。夏になると紫色や白色の花を咲かせます。乾燥させた葉はは独特の香りがありハーブティーの他料理やアロマなどいろいろなものに使われています。ヨーロッ
干し芋の作り方ともどし方
干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消やアンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待されています。干し方はいたってシンプル蒸して干すだけなので是非試してみましょう。
健康茶「昆布茶」の効果・効能 | 健康習慣
昆布は、コンブ科の海藻で日本人にとって非常になじみ が深く和風料理には欠かせない食材です。 昆布茶は海藻ミネラルが豊富で栄養価も高く 健康茶として昔から飲まれてきました。
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ふきのとうにはカリウムが豊富に含まれており体内の余分なナトリウムを胚珠酢する働きがあり、むくみ予防や高血圧予防に効果的です。またケンフェールを含んでおり活性酸素を除去する働きによってアンチエイジング効果も期待されます。
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
アミとは小型の甲殻類でオキアミとは違います。アミにはタウリン、やカルシウムが豊富に含まれており骨粗しょう症予防や、コレステロールを低く抑える働きがあるほか、ビタミン類も豊富で生活習慣病予防やアンチエイジング効果も期待されます。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

  12. […] […]

  13. […] […]

  14. […] […]

  15. […] […]

  16. […] […]

  17. […] […]

  18. […] […]

  19. […] […]

  20. […] […]

タイトルとURLをコピーしました