ブラッドオレンジの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

冬の果物
Pocket

  旬の果物をたっぷり食べよう

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果
物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも
増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。

しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、ま
た栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ご
といただきたいものです。

 

  ブラッドオレンジの旬は

ブラッドオレンジは、オレンジの一種で、赤い果肉が
特徴でいくつか品種があります。
旬は冬から春にかけてです。

 

  ブラッドオレンジの主な栄養成分

・ビタミンC
・ビタミンP
・クエン酸
・ペクチン
・食物繊維
・ミネラル

 

  ブラッドオレンジの効果・効能

ブラッドオレンジの赤い色の成分はアントシアニンによ
るものです。
オレンジ系でアントシアニンが含まれているのは珍しく
またビタミンCも豊富に含まれているため、ブラッドオ
レンジには風邪予防や美肌・美白効果のほか、抗酸化作
用による老化予防や目の健康などの効能も期待されます。

その他にもブラッドオレンジには

● 消化促進
● 健胃作用
● 風邪予防
● 利尿作用
● 鎮静作用
● 便秘解消
● 美肌効果
● 抗うつ予防

などの効能が期待されています。

 

  ブラッドオレンジの選び方

グレープフルーツを選ぶ際は持った時にずっしりと重く
表面がきれいでキズのないものを選びましょう。

 

  ブラッドオレンジの保存方法

ビニール袋などに入れ常温で保存します。

 

スポンサードリンク




 

  ブラッドオレンジを使った簡単レシピ

ブラッドオレンジのゼリー

材料(2人分)
ブラッドオレンジ    1/2個(果汁100cc)
砂糖          15g
ゼラチンパウダー     大匙1
水           40cc

作り方
 1 
ブラッドオレンジは横2つに切り果汁絞り汁で絞りま
す。

 2 
小鍋に果汁100㏄と、ゼラチンパウダー、水、砂糖を
入れ火にかけます。

 3 
沸騰の前に火を止め少量の水でふやかしたデラチン
を入れ混ぜ合わせます。

 4 
粗熱が取れたら容器に流しいれ冷蔵庫で冷やし固めま
す。

ブラッドオレンジジャム

材料
国産ブラッドオレンジ 500g
砂糖 250g
レモン汁 少々

作り方
 1 
ブラッドオレンジは無農薬のものを使用し皮をきれい
に洗います。

 2 
皮をむき実を取り出し袋を除き実だけにします。

 3 
皮は細かい千切りにし苦みをとるため沸騰したお湯で
3回茹でこぼしざるにあげます。

 4 
鍋に皮と実と砂糖、レモンを入れ火にかけます。

 5 
沸騰したら火を弱めレモン汁も入れてあくをとり焦が
さないように木べらでまぜながら煮詰めていきます。

 6 
ほど良いとろみがついたら火からおろし煮沸消毒済の
瓶に詰め冷めたら冷蔵庫で保存します。

ブラッドオレンジ酒

材料
国産ブラッドオレンジ 600g
氷砂糖           150g
ホワイトリカー       1000ml

作り方
 1 
ブラッドオレンジはたわしなどできれいに皮を洗って
水分をふき取り輪切りにします。

 2 
アルコール消毒済の瓶にブラッドオレンジ、氷砂糖を
入れホワイトリカーを注ぎます。

 3 
直射日光の当たらない場所に置き保存します。

 4 
2か月くらいで実を取り出しさらに熟成させて3か月くら
いからが飲み頃です。

 

スポンサードリンク




 


こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
健康茶「かりん茶」の効果・効能 | 健康習慣
かりん茶に使用するかりんは中国が原産のバラ科の 落葉高木です。 かりん茶の主な有効成分 ・タンニン ・サポニン ・食物繊維 ・カリウム ・β-カロテン ・ビタミンC ・アミダグリン ・トリテルペン化合物 ・ポリフェノール ・クエン酸 ・リンゴ酸 ・ペクチン かりん茶の効果・効能 ■むくみ予防 かりん茶に含まれるカリウム...
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/kazunoko-wasabidzuke
タイトルとURLをコピーしました