デコポンの効果・効能・レシピ・選び方・保存法

春の果物
Pocket

四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。
最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。
しかし、やはり旬の果物が一番安価で、おいしく、また栄養価も高いのです。
季節ごとに摂れる果物を知り、たっぷりおいしく丸ごといただきたいものです。

デコポンとは

デコポンは、柑橘系の一種で、熊本果実連が所有する登録商標です。
熊本県不知火町で育てられ全国に配送されています。
下手の部分が盛り上がった形をしているのが特徴です。

 

デコポンの旬は

デコポンの旬は春先です。12月ごろから収穫が始まりますが、酸味が強いのでいったん貯蔵してから春に出回ります。

デコポンに含まれるの栄養成分

・β―カロテン
・ビタミンC
・クエン酸
・ペクチン
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・葉酸

 

デコポンの主な有効成分と効果・効能

爽やかで甘酸っぱくジューシーな味が特徴のデコポンには、ビタミンCやクエン酸、ペクチン、カリウムなどの栄養成分が豊富に含まれており疲労回復効果や風邪予防、むくみ解消などの効能が期待されています。

その他にもデコポンには

● 風邪予防
● 疲労回復
● 整腸作用
● 老化予防
● 美肌効果
● 便秘解消
● 血液をきれいにする

などの効能が期待されています。

 

デコポンの選び方

デコポンを選ぶ際は持った時にずっしりと重みのあるもの、色がきれいなもの表面に傷がないもの、ヘタの部分に緑が残り新鮮なものを選びましょう。

 

デコポンの保存方法

デコポンの保存はみかんとおなじように常温で保存できます。

 

スポンサードリンク




 

デコポンを使ったレシピ

デコポン酒

材料
デコポン 600g
氷砂糖 100g
ホワイトリカー 1000ml

作り方
 1 
デコポンは洗って1個残してきれいに洗って
輪切りにします。

 2 
残した1個は皮を使用するためたわしなどを
使ってワックスなどをきれいに落として
水をふき取り薄く皮を剥き実は輪切りにします。

 3 
アルコール消毒済の瓶にデコポン、1個分の皮、
氷砂糖をいれホワイトリカーを注ぎます。

 4 
1ケ月ほど置いた皮を取り除きさらに熟成させます。

 5 
3か月くらいで飲み頃になります。

 

デコポンジャム

材料
デコポン 500g
砂糖 300g

作り方
 1 
デコポンは皮をよく洗って横半分に切り果汁を
絞り実、皮、果汁に分けます。

 2 
デコポンの皮は薄皮を取り除き細く切ります。

 3 
ホーロー鍋かステンレス鍋に、すべての材料
を入れ火にかけます。

 4 
焦がさないよう混ぜながら煮詰めていきます。

 5 
ほど良いとろみがついたら火を止め粗熱が
取れたら煮沸消毒済の瓶に詰めます。

 

デコポンのジュース

材料 (2杯分)
デコポン   4個
蜂蜜         大匙2
氷          5個

作り方
 1 
デコポンは皮剥き子房に分けます。

 2 
全ての材料をミキサーにかけます。

 

スポンサードリンク




 

こちらの記事もおすすめ

ブラッドオレンジジャムの作り方と保存方法
ブラッドオレンジは、オレンジの一種で、赤い果肉が 特徴でいくつか品種があります。 ブラッドオレンジの赤い色の成分はアントシアニンによ るものです。
ハーブ「チャイブ」の淹れ方や、効能、育て方
チャイブとはチャイブ茶に利用するチャイブ(Chives)はアメリカやユーラシア大陸原産のネギ属の多年草で別名セイヨウアサツキとも呼ばれています。ビタミンCやカロテンを豊富に含み栄養価が高いことでも知られています。チャイブ茶の主な有効成分・ビ
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
健康茶「ナツメ茶」の効果・効能 | 健康習慣
ナツメ茶に使用するナツメ(棗)はクロウメモドキ科のの落葉高木で、夏に芽を出すことからナツメと呼ばれています。 秋には小さな果実をつけ乾燥させたものは生薬として利用されています。
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
フキはキク科フキ属の多年草で、その花茎をフキノトウ と言います。 フキノトウは春を呼ぶ山菜としてよく知られています。 蕾の状態で採取されたふきのとうは香りがよくてんぷらや 佃煮として食されています。
おいしくて簡単「ザーサイ」の漬物を漬けてみよう!!
ザーサイはアブラナ科アブラナ属の野菜でからし菜の変種です。 茎の根元が肥しており葉と茎の肥大部が食用にされます。 茎は天日干しにした後漬物にされます。 葉は生野菜としてやはりお漬物にされることがほとんどです。
タイトルとURLをコピーしました